沖縄のお店

沖縄天ぷらなら南城市奥武島の『大城てんぷら店』がおすすめ!揚げたてアツアツが食べられる人気店。

南城市奥武島大城てんぷら店の魚てんぷら

沖縄名物の一つと言えば天ぷら!

一般的なサクサクの天ぷらと違い、卵をたっぷりと使ったぽってりと厚めの衣が特徴です。

具材にも衣にも味がしっかりとついているので、そのまま何もつけなくても激うま!

街中にあるてんぷら屋やスーパーで1個60円ほどで売られているので、私たち沖縄県民にとって天ぷらは『おやつ』感覚、とっても身近な存在です。

そんな沖縄の天ぷらを食べるなら、南城市の奥武島(おうじま)にある『大城てんぷら店』がおすすめ!

奥武島といえば今や有名なてんぷらの聖地、絶品天ぷらを求めて県外・海外からも多くの人が訪れ、連日たくさんの人で賑わいます

その中でも『大城てんぷら店』は地元民から愛される人気店。

注文を受けてから揚げはじめるので、いつでも出来立てアツアツの美味しい沖縄てんぷらが食べられるおすすめのお店です(^^)

地元民おすすめの穴場天ぷら店

奥武島は南城市の端にぽっかりと浮かぶ小さな島。

島といっても橋でつながっており、車で行くことが出来ます。

那覇空港から車で30分くらいで行けるので観光にもおすすめ。

>>お店へのアクセスや営業時間など詳しい情報を確認する。

奥武島の入り口である「奥武橋(おうばし)」を後ろに、島を右回りで500mほど進むと左手に見えてくるのが『大城てんぷら店』

南城市奥武島にある大城てんぷら店の外観

奥武島を入ってすぐに行列を作っている別のてんぷら店があるのですが、そちらと間違いないように気をつけてくださいね。

あちらもテレビなどで取り上げられる有名店でもちろん美味しいのですが、地元民が通うのはこちらの『大城てんぷら店』の方です。

大城てんぷら店の営業時間などが書かれているポスター

島のちょっと奥にあるので知る人ぞ知る穴場店。

実は私、こちらでグルメで有名な大御所タレントさんを2回目撃したことがあります(^o^)

「やっぱり美味しいんだ~!」となんだか嬉しくなった思い出。

穴場といっても土日祝日はオープンの1時間前から待っている人でいっぱいのときもあるので平日が狙い目。

オープンしてすぐ~お昼時は混むので、2時頃が空いていておすすめです。

私がこの日行ったときも平日の2時頃だったので、空いていてすぐ買うことが出来ました(^^)

駐車場やトイレ事情

お店の手前に広い専用駐車場があるので、駐車スペースの心配はないと思います。

お店に男女別のトイレもついているので安心。


種類とおすすめ具材、注文方法

お店の前にあるてんぷらの種類が書かれた紙があるので、欲しい個数を書き入れてお店の人に渡します。

奥武島にある大城てんぷら店の注文方法は紙に書いてのオーダー式

天ぷらの種類は以下の通り。

さかな(マグロ)、いか、やさい、もずく、いも、さやいんげん、うむにー、アーサ、ちくわ、ウインナー、カニカマチーズ(オール60円)

「うむにー」とは紅イモを潰して丸めて揚げたもの。

ほんのり甘く、モチモチとして美味しいです。

種類が多くて何を注文しようか迷いますが、「さかな」と「いか」は絶対に食べて欲しい!

沖縄てんぷらの中でも1、2を争う人気具材です。

特に漁業が盛んな奥武島のさかなといか天は新鮮で味が濃い!激ウマ。

私は2個ずつ食べるときもあります。

あと人気なのは「もずく」。

奥武島はもずくが名産なので、奥武島で採れた新鮮なもずくがたっぷり入っていて美味しいですよ~。

あとは個人的な好みですが、「いも」も外せないです。

というか本音は全部食べて欲しい!笑

冷めても美味しく食べられるし、全11種類+さかなといか天追加で買っても1000円いかないですからね。

リーズナブルで嬉しい♪

デザートは

ぜんざい、みるくぜんざい、かき氷3種

ちなみに一般的にぜんざいと言えば温かい食べ物のイメージですが、沖縄のぜんざいは上にかき氷がのっている冷たいデザートです。

観光客の方がたまにびっくりしているのを見かけるので気をつけてくださいね~。

暑い夏に食べる甘くて冷たいぜんざいは最高に美味しいのでこちらもおすすめ(´▽`)

いつでも揚げたてアツアツ♪

注文用紙をお店の人に渡すと番号札が渡されるので呼ばれるまで待ちます。

奥武島大城てんぷら店の番号札2番
この日の待ち時間は15分ほど。

奥武島大城てんぷら店の待ち時間

注文を受けてから揚げ始めるのでどうしてもこのくらいかかってしまいますが、目の前広がる海を見ながらのんびり待つのもいいし、

ちょっと散策してゆっくりとした時間が流れる島の雰囲気を楽しむのもまたよし。

奥武島大城てんぷら店に飾られている招き猫など

お店横の飾り物ゾーン、来るたびにちょっと変わってる。

奥武島にてぐっすり寝てる猫

熟睡中の猫ちゃん、こんなに近付いても気付かない警戒心のなさ。笑

奥武島には島のいたるところに猫がいるので猫好きにはたまらないですね

そうこうしているうちに番号が呼ばれたので天ぷらを取りに行きます。

お店の前には飲食スペースとして椅子とテーブルが設置されているのでその場ですぐ食べることが出来ます。

奥武島大城てんぷら店の前にあるテーブルと椅子
奥武島大城てんぷら店の前にある飲食スペース

▼ 自動販売機も充実しています。

奥武島大城てんぷら店横にある自動販売機とパーラー

天ぷらには沖縄でよく飲まれる「さんぴん茶(ジャスミンティー)」がさっぱりとしてよく合いますよ♪

すぐ隣には別のパーラーもあるのでおにぎりなどを食べたい方はこちらからどうぞ。

奥武島大城てんぷら店の目の前に広がる海
奥武島の海

お店のすぐ目の前が海なので、防波堤に腰かけて海を見ながら食べるのもまた最高!

さてさて、お待ちかねのてんぷらタイム♪

南城市奥武島大城てんぷら店の魚てんぷら

これが沖縄のてんぷら。ふわふわの衣が特徴です。

このように中身がわからないのでシルエットや色で予想するのも沖縄てんぷらの醍醐味。笑

これは「さかな」でした~。

奥武島大城てんぷら店のさかな天ぷら

魚の味がぎゅっと濃くて美味しい~!

奥武島大城てんぷら店のいか天

続いて「いか」。噛めば噛むほど旨みがじゅわっと、何個でもいける。

天ぷらの話をするとよくさかな派といか派でバトルが起きますが(笑)私はいか派です。

奥武島大城てんぷら店のウインナー

間違いない美味しさのウインナー。子どもが絶対好き。

奥武島大城てんぷら店のいも天ぷら

最後のシメは私が1番好きな「いも」。大きい~!

奥武島大城てんぷら店のいも天の断面

中身はさつまいも。

ねっとり甘くてとっても美味しいです(´▽`)

ふ~、お腹いっぱい。
ごちそうさまでした~。

いつ食べても間違いない美味しさ。

リーズナブルで美味しい沖縄の絶品てんぷらが楽しめる奥武島の『大城てんぷら店』

穴場なので、ぜひ足を運んでみてくださいね(^^)

>>地図や営業時間、口コミなど『大城てんぷら店』の詳しい情報を確認する。

 * * *

グルメ情報やお店の予約なら『ホットペッパー グルメ』がおすすめ、クーポンも要チェック、ポイントも貯まります。

*他のお店のレポも書いています。

>>>沖縄に関する記事一覧はこちらから。