暮らし

イオントップバリュ『ホームコーディ そのままレンジ保存容器 』溝のないシンプル設計で洗いやすく乾きやすい革命タッパー。

イオンホームコーディーそのままレンジ保存容器角形400ml
ガラスの保存容器を気に入っていて犬たちのごはん用にも使っていたのですが(持病があるので完全手作り食)

朝寝ぼけてる状態だと落として割ることが何度か・・・。

危ないし片付けで遅刻しそうになるので犬ごはんは普通のプラスチックタッパーに戻すことにしました。

そして購入したのがイオンのプライベートブランド『ホームコーディ』の『そのままレンジ保存容器』です。

名前の通りフタを閉めたままそのままレンジで温められるし、溝がないフラットなシンプル構造で洗いやすく乾きが早いのでものすごく便利。

プラスチックタッパーの溝に水滴が残っていつまでも乾かないストレスともこれでおさらばです。

白とクリアで見た目もとってもすっきりしてるしお財布に優しいお値段で買い替え時も安心。

これでもう朝に割ることもないし期待以上に使い勝手良くて買ってよかったです(^^)

イオン『HOME COORDY』の白いタッパー

イオンホームコーディーそのままレンジ保存容器角形400ml
イオン系列のスーパー、マックスバリュにて400mlの角形を3セット購入しました。

(イオンじゃなくてもキッチングッズを置いてるような大きめのマックスバリュだとあるみたい)

400mlは4個入りで本体価格¥198(税込 217.80円)、たくさん必要だったのでお安くて助かりました。

(犬ごはんはベース部分を1週間分まとめて作って冷凍してるので朝夕の2回×7日=14個くらい必要)

90ml~850ml、ごはん用と全部で8タイプあるのでちょうどいいサイズが見つかるはず。

保存容器・キャニスター|イオン公式サイト

欲をいえばガラス容器と同じ300mlのスクエア型が欲しかったけど正方形型は270mlと微妙に足りず400mlに。

▼ダイソーのガラス耐熱容器300mlとの比較。
100均ダイソーのガラス耐熱容器とイオントップバリュホームコーディのタッパー比較
▼高さはほぼ変わらず。
100均ダイゾーのガラス耐熱容器とイオンホームコーディのタッパーそのままレンジ保存容器の高さ比較
400mlは長方形で微妙に幅をとるので正方形型のサイズ展開が増えると嬉しいな~。

ガラス容器についてはこちらの記事に詳しく書いてます。

100均ダイソーのガラス耐熱容器が優秀すぎて神がかってる。タッパー大量断捨離しました。

溝のないフラットな設計でお手入れがものすごく楽に

1番感動するのはやはり溝がないことによるお手入れの楽さ。
イオンホームコーディそのままレンジ保存容器角形400mlのパッケージアップ
▼本体部分。
溝のないフラット構造でお手入れ簡単なイオンの白タッパー
つるんとしてて水が溜まる部分がないのです。
溝のないシンプル構造で乾きやすいイオンホームコーディのそのままレンジ保存容器
▼フタ部分。
シンプルで洗いやすいイオンホームコーディのそのままレンジ保存容器フタ部分
これまたつるんとしてます。

プラスチックタッパーの溝に食材が挟まって洗いにくい&洗ったあと水滴が残っていつまでも乾かない問題・・・これにて解決。

お皿など普通の食器感覚でさっと洗えるし、乾くのも早いです。

別で乾燥させる手間なくそのまま仕舞えるので洗ったあと食器を拭く派の人にもぴったり。

フタがつるんとしてるので乗っかるだけですぐ外れるのではないかと不安でしたが、パッキンも何もついてないのにプシューっと密閉っぽく閉まるのが不思議。

ただ残念ながら完全密閉ではなく汁物には向かないので注意です。

味噌汁や朝用のスープの保存にはジップロックスクリューロックを使ってます。

こちらは完全密閉で傾けても漏れないので液体にぴったり。


白を基調としたシンプルなデザインですっきり

限りなく無駄を省いたシンプルなデザインがすごく良いです。
シンプルデザインですっきりとしたイオンホームコーディの白いタッパー
冷蔵庫内もごちゃごちゃせず視覚的にもすっきり。

▼サイズ感。
イオンホームコーディのそのままレンジ保存容器サイズ感
スタッキング可能なので収納性も◎
スタッキング可能ですっきり収納できるイオンホームコーディのそのままレンジ保存容器
うちはオープン収納なので見た目のすっきりさは大事です。
オープン収納でもすっきり見えるイオンホームコーディのそのままレンジ保存容器
とりあえず他のお皿と一緒に置いてみましたがいい感じ♪

たくさんあってもコンパクトにまとまるから必要以上に場所をとらずに済みますね。

食洗器と1000Wの高出力レンジは使えないので注意

▼注意事項(タップで拡大できます)
イオンホームコーディのそのままレンジ保存容器説明書
残念ながら食洗器は使用できないので注意です。

最近は食洗器使っている家庭も多いので対応できるようになるといいのですが…。

あと1000Wの高出力タイプのレンジを使っている方はワット数を下げる必要があるので注意です。

うちのレンジも950Wなので600Wに下げて使ってます。

関連記事⇒【1万円台】SHARPのオーブンレンジ『RE-S70A-W』安いながら高機能、ターンテーブル派におすすめのモデル。

説明書には「500Wに設定してご使用ください」と書いてありますが一般的なレンジは600Wなのでまあ大丈夫でしょう。

(うちは今のところ問題なしですが、自己責任でお願いします)

あとのデメリットは普通のプラスチックタッパーと同じで油汚れが落ちにくいのとニオイがつきやすい点ですね。

試しにカレー入れてみたら洗うときなかなか油が落ちなくて油分が多い料理の保存はやはりガラスの方が向いてるなと実感しました。

まとめ:軽くてお手入れ簡単、気軽に使えるイオンのシンプルな白タッパー

ひと昔前のプラスチックタッパーの記憶が強くて買うのためらっていたのですけどイオンのタッパーは本当に使いやすくてイメージが変わりました。

HOME COORDY そのままレンジ保存容器|イオン公式サイト

プラスチックは軽いしぼーっとしてる朝でも気軽に使えるのが魅力ですね。

フタを外さず加熱できるのも些細なことのようで実際使ってみるとかなり便利。

刻みネギや洗った野菜などさっと使いたいのはプラスチック、汚れがつきやすい食材やそのまま食卓に出すのはガラス容器と使い分けていきたいと思います(^^)

次の記事へ⇒100均ダイソーのガラス耐熱容器が優秀すぎて神がかってる。タッパー大量断捨離しました。