暮らし

【1万円台】SHARPのオーブンレンジ『RE-S70A-W』安いながら高機能、ターンテーブル派におすすめのモデル。

清潔感のあるホワイトが魅力的なシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
先日、朝まで元気いっぱいだった10年もののオーブンレンジが突然うんともすんとも動かなくなり慌てて新しいのを購入。

掃除がしやすいフラットテーブルタイプを購入する予定でしたが、フラットタイプの多くはトーストを途中でひっくり返さないといけないというのを知らなくてがっくり。

結局使いやすくて気に入っていたシャープ製の先代と同じモデルの後継機を購入しました。

主に気に入っている点は以下の通り。

・1万円台の低価格
・レンジ・オーブン・トースターの1台3役
・均一に仕上がるターンテーブル式
・レンジが最大950Wとハイパワー
・他にも200・500・600Wとボタン1つで出力切り替え
・トーストがスピーディにさっくり焼ける
・自動調理メニューが多彩
・お菓子作りやパン作りにも

安いながらハイパワーだし、いろんなお料理が作れるので大変コスパが良い

20Lタイプなので一人暮らしはもちろん、二人世帯でも十分な広さ。

とにかく早く温めたい、最先端の機能はなくてもいいけど性能良くてたまにお菓子を作ったりレンジで調理をしたい、という方にぴったりです。

先代は10年持ったので耐久性の信頼もばっちり、買ってよかった!

今回は先代と比べて気になる点や実際に使ってみて微妙だった点も含めて書きますので参考になれば嬉しいです(^^)

2万円以下で買えるターンテーブル派におすすめの日本製オーブンレンジ

先代と同じく安いのでAmazonで購入。

10年前に先代の『RE-S20A』を2万ちょいで買ったのですが今はさらに安くなっていてまさかの1万円台

仕様を簡単にまとめると以下の通り。

総庫内容量20L
オーブン・グリル加熱方式ヒーター加熱
オーブン温度調節範囲110~250℃、発酵(40℃)
レンジ出力950W・600W・500W・200W相当
クックブックメニュー数
(自動メニュー数)
30(26)
省エネ設計省エネ基準達成
電源オートオフ機構
庫内有効寸法幅300×奥行320×高さ165mm
外形寸法幅470×奥行395×高さ300mm
質量約11kg
電源AC100V
定格消費電力レンジ(1,375W)
オーブン・グリル(1,310W)

その他の細かい仕様は公式サイトよりご確認ください。
製品情報 RE-S70A|オーブン・電子レンジ|シャープ公式サイト

家電量販店を何店舗か回りましたがこれだけの機能でこの値段のものは見つからなかったのでやっぱりAmazonでポチ。

ヤマトのお兄さんが頑張って運んでくれました、ありがとうございます。
大きいダンボールで届いたシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
本体のサイズは旧型と全く同じ大きさでした。

※( )内はハンドルを含んだ数値。

どのオーブンレンジも一緒ですが、設置するときはさらに両サイドと奥行に10cm、上に15cm以上のスペースを取る必要があるので設置場所のスペースはゆとりを持って。

清潔感のあるホワイト系シャープ『RE-S70A-W』

清潔感のあるホワイトが魅力的なシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
白を基調としたシンプルな見た目が素敵。

ちなみに10年使った旧型はこちら。シャープのオーブンレンジRE-S70A-Wの旧型
旧型に比べると新型はだいぶおしゃれな雰囲気になっていますね!

扉のハンドルも旧型はツヤタイプでしたが、新型はツヤ消しのマットな感じで指紋や汚れが気にならなくなりました。
ダイヤル式が手軽なシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
あとワンタッチボタンに自動トーストが追加されているのが嬉しい!

旧型はダイヤルで自動メニューの『4-1(1枚)』『4-2(2枚)』に合わせる必要があったのでこれは便利。

2枚焼くときはトーストボタンを2回押すだけで変更できます。

トースト機能については後でまた詳しく書きますね。

均一に熱が届くターンテーブル

こちらのオーブンレンジはターンテーブル式で回転網と汚れや熱に強いセラミック製の丸皿付き。
シャープのオーブンはレンジRE-S70A-Wセラミック製のターンテーブル
丸皿のサイズは30cmあるので大きめのピザも焼けます。

ターンテーブル式のメリットは何と言ってもムラになりにくいところですね。

熱源に対して温めるものをクルクルと回転させまんべんなく熱を当てるので均一に仕上げることが出来るのが特徴。

フラットタイプが主流になった今でも、使いやすさからターンテーブルを支持する人まだまだいらっしゃるようで嬉しい。
Amazonでシャープのオーブンレンジ『RE-S70A-W』についての口コミを読む。

シャープのオーブンレンジRE-S70A-Wの回転網
回転網、取り外すとこう。
シャープのオーブンレンジRE-S70A-Wマットブラックな庫内
ややマット寄り、ツルツルとした素材ではないのでフラットテーブル式に比べると掃除のしやすさは△

うっかり食材を壁に飛び散らせた場合は早めに拭いた方がいいです。

次の型はもう少しお掃除しやすく進化させて欲しいポイント。


温めが超スピーディ!レンジの出力はハイパワーの950W

このレンジの凄いところは安いのにハイパワーなところ。
950Wのハイパワーで素早く温めるシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
最大出力が950Wなのでとにかく温めるスピードが早い

(950Wだけは最長で連続3分しか使えませんが、冷凍ご飯でも1分ちょいでアツアツ、3分以上温めることはほぼないので問題なしです)

せっかちな私にぴったり、冷凍野菜を蒸すときや食事の用意が早く済むので助かります。

10年以上これに慣れているので職場の休憩室の600Wレンジがめちゃくちゃ遅く感じるほど。

出力切り替えで様々なメニューに対応

レンジの出力はレンジボタンをピッピッと押すだけで簡単に切り替え可能。
ボタンでレンジの出力数が切り替えられるシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
本などのレシピ通りに作りたいときや、じっくり火を通したいときに重宝します。

200Wも選択できるので牛乳やお酒など飲み物を温めたり、茶碗蒸しやプリンだって作れちゃう。

あとは全解凍機能や・・・
はがしやすい全解凍機能付きシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
画像元:シャープ公式サイト
使いたい分だけサックリ切れる解凍モードもあり。
使う分だけさっくり切れるサックリ解凍機能付きシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
なんて便利なの。

でも解凍モードは実際使ってみるとムラがあったりするのであまり期待しない方がいいかも(´▽`;)

飲み物の温めはいい感じ。

レンジの最初の出力が600Wになった

ちょっと愚痴なんですけど・・・

旧型はレンジボタンを押すと最初の出力が950Wに設定されていました。

なので時間を設定すればあとはあたためボタンを押すだけだったのですが、新型は最初の出力が600Wになっています(;_;)

ボタンを押すと600→500→200→950Wの順で切り替え。

なので950Wで温めるためには時間を選ぶ前に4回ボタンを押さないといけないので、旧型と比べて少し面倒に。

何か理由があるんだろうけど、前の仕様に戻して欲しいです。

簡単スピーディにさっくりこんがり『自動トースト機能』

上下のヒーターから強い熱で一気に焼き上げるトーストグリル機能。

・オーブン機能との違い

オーブン機能は上下のヒーターで庫内の温度を一定に保ち、食品を包み込んで一気に焼き上げる機能。ケーキなどのお菓子作りに。

ワンタッチボタンにトーストボタンが搭載されているので1枚なら1回、2枚なら2回ボタンを押すだけで自動で焼いてくれます。
ダイヤル式が手軽なシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
仕上がりキーで焼き加減を選べるので冷凍パンも焼いたり好みの焼き加減にすることが可能

レビューで「庫内灯がないので不便」というのを見つけて不安になっていましたがちゃんとついていました。

シャープのオーブンレンジRE-S70Aでトーストを焼く様子
出来上がりが楽しみ。

回転網のせいでトースト機能は改悪

焦げる1歩手前くらいのこんがりトーストが好きなので先代のときも強めで焼いていましたが、今回は性能を試したいので普通にトースト。

▼食パンはトップバリュのパンドミなので若干焼きめがつきにくく薄めですが、表はいい感じに焼けました。
シャープのオーブンレンジRE-S70A-Wの自動トースト機能で焼いたトップバリュパンドミトースト
▼そして裏・・・。
回転網の幅が太くて裏面の焼きが足りないシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
あんまり焼けてないぞ?嫌な予感、そして実際に食べてみるとほぼ焼けてない

先代ではなかった独特の焼き目を見て悟りました、回転網の幅が太くなったせいだ・・・。
シャープのオーブンレンジRE-S70A-Wの回転網
食パンに触れる回転網が太くなった分、熱が当たるのを遮る部分が増え焼けてない部分が目立つようになってしまいました。

焼けてないんだから全然食べた気がしない。

トースト機能については先代の方がよかったです。

(トースト機能というよりは回転網の太さの問題ですが)

ただ、裏あんまり焼けてない問題は強めに焼くことで解決
コツが要るがトーストがさっくり焼けるシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
↑見た目ではまだ焼けてない部分が多いように見えますが、食べるとちゃんとこんがり焼けています。

いろいろ試した結果、トースト弱の2回で私のベストな焼き加減になりました。

焼き時間については食パン2枚をトースト弱2回で10分以内

専用のトースターには負けますがオーブンレンジの中ではスピーディな方ですね。

トースト大好き人間なので最初の仕上がりが悲しくてグチグチ言いましたが、結局強めに焼くのでトースト機能はおおむね満足

外はサクサク、中はふんわりで美味いトーストになりました。

ただ焼き色薄めくらいの仕上がりが好き、という方は厳しいかも。

後日ピザトーストも焼いてみましたが・・・
シャープのオーブンレンジRE-S70A-Wで焼いたピザトースト
ちゃんとチーズに焦げ目もついてばっちりでした!

レビューでもトースト機能については好評ですね。
Amazonでシャープのオーブンレンジ『RE-S70A-W』についての口コミを読む。

ヘルシーなノンフライ調理など多彩な自動メニューが便利

便利な自動調理メニューは以下の通り。

あたため、解凍、牛乳・酒、トースト、コンビニ弁当あたため、フライあたため、ゆで野菜、3分どんぶり、酒蒸し、から揚げ、えびフライ、グラタン、茶わん蒸し、ケーキ

クックブック付きで自動調理メニューを使ったレシピだけで26あります。

から揚げやコロッケ、えびフライなど油を使わないヘルシーなノンフライメニューも多数。
ヘルシーな揚げないからあげが出来るシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
私は特に茶わん蒸しがお気に入り、すが入る心配もないしプルップルの仕上がりが美味♡
茶碗蒸しが作れるシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
▼冷やご飯と材料を同時調理で出来る『3分どんぶり』なんて時短メニューも。
3分どんぶりなど魅力的な自動メニューが揃うシャープのオーブンレンジRE-S70A-W
セットしてボタンを押すだけであとは勝手に調理してくれるので忙しいときでも助かりますね。

個人的にはスーパーで買ったフライやてんぷらなどを温め直す『フライあたため機能』が便利。

これも自動調理メニューですが、時間が経ってべちゃっとなった揚げ物でも揚げたてのようなサックサクに仕上げてくれます。

まとめ:コスパ最強のターンテーブル式オーブンレンジ

・レンジ・オーブン・トースター機能付きで1万円台
・温めが早い950Wハイパワーのレンジ機能
・便利なワンタッチ出力切り替え
・ターンテーブル式で温めムラが少ない
・トーストがスピーディにさっくり美味しく焼ける(ただし薄焼き派には微妙)
・自動調理メニューが充実

トースト機能など先代と比べてやや不満な点もありますが、総合的には大満足

使い勝手が良くこれだけの機能が使えて1万円台、コスパ最高です。

すごい最先端の機能はついていなくていいけど安くて機能的なオーブンレンジが欲しい、という方にはぴったり。

レンジ・オーブン・トースターの1台3役なので省スペースに収まるのも嬉しいポイントですね。

あとは先代のように10年持ってくれる耐久性を期待♪

1万円台で買えるコスパ最高のシャープのオーブンレンジ、おすすめですので安くて性能の良い機種を探している方はぜひチェックしてみてくださいね(^^)

日本製の家電は安いのに使い勝手良いのが多し。

次の記事へ⇒日本製*HiKOKI(旧日立工機)の高圧洗浄機FAW 105を購入、大掃除に大活躍!人気のケルヒャーとの違いは?