眠りにつくころ

シンプルライフときどき犬。

眠りにつくころ

スポンサーリンク

【その3】第28回中部トリム・ハーフマラソンレポート*10km~ゴール、そして後日談~マラソンは二度死ぬ~

この記事をシェアする

前回の続き>>>【その2】第28回中部トリム・ハーフマラソンレポート*スタートから10km地点まで~強い風と気温差がきつい~

 

いよいよレースの後半戦です。

一番きつかった地獄の直線

▼コースおさらい。

f:id:sd_marisuke:20171120120647j:plain

f:id:sd_marisuke:20171120120644j:plain

ようやく半分の10kmを超えてまだまだ工場地帯を走ります。

 

しばらくまっすぐ走っていると前の方のランナーたちが左に曲っていくのが見えました。

 

私も合わせて角を曲がると、大きな道路に出て片側には折り返してくるランナーの姿が。

 

どこか折り返しポイントがあるんだ~。

 

と思うと同時に嬉しさが込み上げてきました。

 

というのも、10kmポイントに到達する前、工場地帯に入るときにこの折り返してくるランナーたちの姿がちらっと見えたんです。

 

ということは折り返した後はゴールが近い!

 

そう思ったんですよね。

 

が、これが間違いでした。

 

ここからが地獄の始まり。

 

個人的にこの直線がレース全体を通して最もきつかったです。

 

▼地図的にはこのピンクで色付けした部分。

f:id:sd_marisuke:20171122094033j:plain

見た感じ直線も短そうだし、すぐ折り返し地点に着きそうだな♪

 

ルンルンな感じでしばらく走るもなかなかポイントが見えてきません。

f:id:sd_marisuke:20171122094030j:plain

ちょっと上り気味なので奥の方があんまり見えなくて。

 

脚もかなり重くなってきたから早く折り返しポイントに行きたいです。

 

日差しは相変わらずじりじり照り付けてくるし障害物がないせいか風も強く吹き付けてきます。

 

暑かったり寒かったり・・・風邪ひきそう。

 

まだかな~まだかな~と走り続けていると衝撃の光景が目の前に広がりました。

 

長!!!!!

 

果てしない直線。

なんじゃこりゃああああ!

 

ずーっと前の方までランナーの列が続いているのが見えますが、奥の方はもう米粒みたいな小ささでもちろん折り返しポイントなんて見えず。

 

絶望中の絶望。

 

隣にいたおじさまも「嘘やろ・・・」とポツリ。(関西の方かな)

 

体も一気にズドンと重く。

 

ぐえー。

 

どうりで折り返してきたランナーたちの顔が死んでた訳だ。

 

景色も変わらないし、この終わりの見えない直線は本当に精神力を持ってかれました。

 

「何で私はお休みの日にわざわざお金を払ってまでこんな苦しい思いをしているんだろう・・・」なんて思ったり。笑

 

それでもゴールを目指し頑張って脚を進めます。

 

そして・・・

f:id:sd_marisuke:20171122094038j:plain

ようやく!ようやく!折り返し地点!

 

長かった~。

 

折り返してここからまた同じ直線を走るんですけどね。

 

それでも終わりが見えなかった先程よりはだいぶ気持ちが楽です。

 

しばらくまた走り続けるも前太ももがパンパンでかなり痛い。

 

意識を脚に持っていくと余計痛くて止まりそうだったので無の境地で走っていました。

 

マラソンは精神修行。

 

無のまま走っていると人だかり、そこには吸水ポイント&14.3kmの表示が!

 

地図あんまり見てなかったので「あの直線4km近くあったんかーい!」と衝撃を受けました。そりゃ長いわ。

 

お水を無事に受け取り歩きながらごくり。

 

そしてまた走りだそうとするも脚が鉛のように重い。

 

脚が重くなった状態で立ち止まったら、また走り出すのに何倍ものエネルギーが必要になるんですよね。

 

脚に負担もかかるし走りながら水飲む練習もしないとな~と痛感。

 

一旦歩くとまた走り出すのはかなりしんどいので走り続けたほうがいいです。

 

それにしてもあと5kmちょい、やっとゴールが近くなってきました!

 

その後はまた大きな道路に出て市街地へ、ここを抜ければあとは公園内を走るのみ。

 

この辺になると歩いているランナーも多くみんなぐったり。

 

脚を痛そうに引きずりながら歩いていたり歩道脇でストレッチをしている人なども。

 

私も脚が限界に近かったのですが、止まったらもう走れない気がしたので気合でゆっくりですが走り続けました。

 

公園内へ

最初の5kmと違って時間が何倍にも長く感じましたがやっと・・・

f:id:sd_marisuke:20171122094041j:plain

公園内!もうすぐもうすぐ。

 

喉乾いた・・・とヘロヘロになっていましたがそんな時に

f:id:sd_marisuke:20171122093959j:plain

給水所で奇跡のアクエリアス!染みるうううう。

 

誇張なしに人生の中で飲んだアクエリアスの中で一番美味い。

 

最高です、ありがとうございました。

 

アクエリアスを飲み干すと体力がかなり復活。

 

最後まで頑張るぞ。

 

もう脚が痛くて痛くて、歩いてるのと変わらない速度ですがフラフラと走り続けます。

 

最後まで走るんだ・・・!

 

そう誓ったのですが公園内で上り坂が出現。

f:id:sd_marisuke:20171122094047j:plain

ほとんどの人が歩いています。

 

さらにこの後もっと急な上り坂が出現し、私も限界で脚が止まりました。

 

くっそー、もう少しなのに。

でも歩くので精一杯。

 

気持ちは走りたいのにどうにも脚が動きません。

 

しばらく歩いていると遠くから歓声やアナウンスの声が。ゴールが近い!

 

ちょうど道案内で立っていた女子高生ちゃんにも「もうすぐです!頑張ってくださーい!」と励まされ、最後の力を振り絞ってまた走り出しました。

 

応援ありがたい、頑張ります。

 

いよいよゴール

歓声がどんどん近くなり・・・いよいよトラック内へ。

 

フィニッシュゲートが近づきます。

 

後半は「ほんとしんどい」「脚痛すぎ20km長すぎ」とぶつくさ言いながら走っていたはずなのに、これまでの2時間、楽しかった思い出が走馬灯のように流れていました。

 

確かにしんどい、早くゴールしたい、だけど終わってしまうのは寂しい。

f:id:sd_marisuke:20171122093943j:plain

最後はどこにその力が残っていたのかと自分でびっくりしましたがスピードを上げて10人以上ごぼう抜きでゴール。

 

気持ちいいー!終わった・・・!

 

フォームを改善したおかげで鵞足炎による膝の痛みも起きなくて良かったです。

 

いつもはちょうど40分過ぎたあたりから右膝の内側が痛くて1時間走るのがやっとでした。

 

ゴール後はゾンビのようにフラフラ。

 

チップを外してもらい、ゼッケンのバーコードをスキャンしてもらうと完走賞がもらえました。

f:id:sd_marisuke:20171122093951j:plain

タイムや順位は身バレしそうなので伏せます。

本当に20km走れたんだ!うわーい。

 

残念ながら2時間は超えてしまいましたが、完走できたので嬉しいです(^^)

 

ゼッケンにドリンクのチェックを入れてくれるおばさまにも「ハーフ走ったんだね~、すごいね~、えらいね~」と褒められてにんまり。

 

外に出るとまたアクエリアスがもらえ、炊き出しもやってたので沖縄そばがもらえました。

f:id:sd_marisuke:20171122093955j:plain

走った後に塩系のスープが染みる~。

 

美味しかったです、ごちそうさまでした!

 

脚痛すぎて炊き出しの列に並んでるとき立ってられなくて死ぬかと思いました。何でみなさんそんなに平気なの。

  

そば食べたあとも立てなくて軽くストレッチしながらぼーっとしてると急にものすごい腹痛に襲われ。

 

12:00のお楽しみ抽選会までトイレとお友だちしてました。

 

後で調べるとマラソン後にお腹が痛くなるのはよくあることなんだとか。

 

レース中に内臓が揺れるのと、疲労で内臓がダメージを受けている状態で消化不良を起こすのが原因だそうです。

 

走る前にめちゃくちゃ食べたしね・・・。

>>>【その1】第28回中部トリム・ハーフマラソンレポート*駐車場や会場の様子~スタートまで

 

寒くて体が冷えたのもあるかもしれません。

 

お楽しみ抽選会

なんとか12:00のお楽しみ抽選会に間に合いました。

f:id:sd_marisuke:20171122093946j:plain

市町村の特産品やディズニー、USJ、ハワイが当たるかも♪

f:id:sd_marisuke:20171122094003j:plain

サータアンダギーの妖精かと思ってたら嘉手納町のゆるきゃら、『いもっち』でした。

f:id:sd_marisuke:20171123114159j:plain

上の画像はいもっちの公式Twitterより。

 

残念ながら私は何にも当たらず。USJ行きたかった~。

 

レース終わったら『沖縄市を代表する老舗そば店「アワセそば」に行ってきました』で紹介したアワセそばにでも行って美味しい沖縄そばを食べようと意気込んでいたけど、脚痛すぎて即帰宅。

 

どこからか聞こえてきた「じゃあ○○(居酒屋)に集合な!」なんて声にビビリながら会場を後にしました。

 

みなさん体力すごすぎ。

 

私のライフはゼロです。

 

帰宅~後日談

マラソン中もきつかったけど、走ったあともこれまたしんどかった!

 

まず帰宅後は相変わらずの腹痛それに吐き気まで加わりぐったり。

 

脚はもちろん死ぬほど痛くてうまく歩けないけど家事や犬のお世話が待ってるという。

 

立ったり座ったりが本当にきつくて「ふんぬー!」って叫びながら動いていました。笑

 

歩くときはヨタヨタ。

 

なんとか諸々を終わらせてお風呂へ。

 

すると腰や肩に痛みが。

 

鏡で見てみるとウェアで擦れて傷になってる(´ `;)

 

ワセリンしっかり塗ったつもりだったけど足りなったみたいです。汗

 

お風呂後は疲れ切っていたので昼寝がしたかったのですが目が冴えてて全然眠れない!

 

これも調べるとよくあることのようで、激しいスポーツをするとアドレナリンが大量に出てその影響で体は疲れていても眠れないことがあるとか。

 

死ぬう~。

 

昨日も緊張であんまり眠れなかったのでこれはしんどかったです。

 

そして夜は筋肉の炎症のせいか熱まで出て散々(´▽`;)

 

夕飯は作れなくてコンビニのおでん買ってきてもらいました。

f:id:sd_marisuke:20171122094007j:plain

美味しかった。運動後は塩系の味が染みる~。

 

二日目も筋肉痛で歩けず。

 

仕事休めるなら翌日は休みとった方がいいと思います。これはきつい。

 

三日目の夜あたりにようやく普通に歩けるようになりました。

 

ハーフでこの情けない状態、フルマラソン走ったら大変なことになりそうです。笑

 

おわりに

風こそ強かったものの、割と走りやすい気温だったし起伏も激しくないコースなので走りやすかったです。

 

明るくてあったかい雰囲気もよかった。

 

初めてのレースに中部トリム・ハーフマラソンを選んでよかったです。

 

不安だらけの初レースでしたが、なんだかんだですごく楽しめました。

 

走っているときは苦しくて「もう二度と走るものか」と固く心に誓っていたのですが、筋肉痛も引いた今では懲りずに「また出たいな~」なんて思っている自分がいます。

 

やっぱり走るのって楽しい。

 

相棒のウェーブライダーちゃんもおつかれ様。

脚の裏が痛くならなかったのでクッション性の高いシューズにして正解でした。

 

それでは、中部トリム・ハーフマラソンのレポは以上です。

 

思いのほか長くなってしまったのですが、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

 

その他詳しい情報は大会公式HPへ>>>【公式】第28回中部トリム・ハーフマラソン

 

今回着て走ったユニクロのスポーツウェアもなかなか良いです。

 

次の記事へ>>>ユニクロスポーツでトレーニングウェアを新調*サラリと着心地良くコスパ良し。