読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りにつくころ

シンプルライフとインテリア、ときどき犬。

眠りにつくころ

DBK社のアイロンはシンプルで使いやすい!苦手な家事こそお気に入りの道具を。

スポンサーリンク

見た目もかっこいいドイツ製の優秀アイロン

f:id:sd_marisuke:20160517172343j:plain

こんにちは。おもち(@sd_marisuke)です。

  

嫌いな家事ランキングでワースト3に入っている「アイロンがけ」。私も嫌いでした。

 

なかなかシワは伸びないし、力入れて疲れるし、かけている間もすぐランプがついて待たないといけないし・・・。とにかく面倒!

 

でもこのDBK社のアイロンに変えた今では大好きになれました。使うのが楽しい(^^)

苦手だったアイロンがけ 

ずっと使っていたのは安物のコードレスアイロン。2000円弱くらいだったはず。

 

まず見た目がイマイチで出しっぱなしに出来ない。

 

アイロンって派手な見た目の商品が多いですよね(^^;)なのに冷まさないとしまえないという。

 

アイロンがけしている最中も熱がすぐに冷めてしまい、何度も待たないといけません。スチームの出も悪い。

 

(-""-)むむむ

 

その気に入っていなかったアイロンがある日とうとう壊れました。

 

次のアイロンは絶対に気に入ったものにするんだー!

 

選んだのはDBK社のアイロン

次のアイロンはいろいろ調べてDBK社のものに決めました。ドイツ製です。

 

まず見た目にひとめぼれ!

こんなにかっこいいアイロンがあるんだ(*´ `*)

 

しかし値段が約5千円ほど。今までのアイロンの2倍以上します。

 

アイロンに5000円払うのもなー、と悩んだけど思い切って購入。

 

結果、このアイロンにしてよかったです(^^)

 

見た目がかっこいい!

f:id:sd_marisuke:20160517172343j:plain

うおー、ピカピカです!

無駄な装飾がなくかっこいい!

 

質実剛健という言葉がぴったり合います。

 

これなら出しっぱなしでも大丈夫!むしろ眺めてはうっとり(*´ `*)

 

▼簡素なスイッチ。

f:id:sd_marisuke:20160517172340j:plain

水入れはタンクじゃなくてそのまま注ぐタイプ。

 

水の残量が見える小窓もついているので安心です。

 

取り外せないのは残念ですけど、今では慣れました。特に不便さは感じないですね。

 

付属品として、水を入れるためのカップもついていましたよ。

 

パワー十分

コードがあるタイプは人生で初めて使うのですが、このアイロンは動きに合わせてコードが動くようになっているので邪魔になりません。

 

そして何よりパワーが違う。

 

熱が下がらなくて待ち時間なくスムーズにかけられるし、スチームも大量に出る!

 

アイロン自体が1.5kgと重いので力を入れなくてもスイスイすべらせるだけでシワがぴしっと伸びます。

 

最初は今までのに比べて重いな~、と思ったけどこの重さが大切なんですね。

 

力を入れてかける必要もないし、何度も往復しなくていいので楽です(^^)

 

シルバーの部分全てが熱くなるのでやけどには注意。

 

まとめ

・シンプルな見た目でかっこいい。

・出しっぱなしでも絵になる

・ハイパワーで熱が下がらない

・たっぷりとスチームが出る

・重さがあるので簡単にシワが伸びる

・水タンクは外せない

・値段は5千円ほど。

 

苦手だった家事も使う道具を変えただけでものもあるきっかけで大好きに。

 

特に休みの日、テレビを見ながらのんびりかけるのが好きです。

 

▼アイロン台はニトリ。かわいい柄のカバーつけたいな。平型のやつも気になる。

f:id:sd_marisuke:20160517172357j:plain

やっぱりかっこいい~(*´ `*)ほれぼれ♡

 

苦手なものは無理せず道具に頼るのもいいと思います。

 

便利なのはもちろんですが、お気に入りを使うだけで気分が上がりますからね(^^)

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。