健康・美容

夏バテ疲れ解消に養命酒*弱った胃腸も生薬の力で元気に。

養命酒を注いだカップを持つ

今年の夏は特に暑く、夏バテなどで体調を崩された方も多いのではないのでしょうか。

私も8月の中ごろから突然の体調不良に襲われ、動けない日が続きました。

めまいによる吐き気全身の倦怠感(だるさ)動悸頭痛胃痛、何も食べられず栄養が取れないのでどんどん悪化するばかり。

「これはいかん!」と夏バテ解消法を調べてみると、あの養命酒が夏バテに効くらしいとの情報が。

半信半疑でしたが飲み始めると嘘みたいにめまいと胃痛が消え、食欲が復活!

食事がとれるようになると他の症状もみるみる回復、こうしてまたブログを書けるまでになりました(^^)

養命酒はお年寄りや冷え性の方が飲むイメージでしたが、夏の疲れによる食欲不振、胃腸の調子が悪い、自律神経の乱れ、体力低下などでお困りの方におすすめです。

養命酒の飲み方や用法・用量

動けなかったので頼んで1000mlの方を買ってきてもらいました。

ドラッグストアで2000円くらいだったそう。

養命酒の大きさ比較
思ったより大きく、ガラス瓶なのでずっしり重いです。

メモリ付きの透明な容器がついていて、これで1回20mlを量って飲みます。

養命酒に付属しているメモリ付きのコップ

琥珀色の液体。

養命酒の中身は琥珀色の液体
気になる味については後の方に詳しく書きますね。

養命酒の用法・用量は以下の通り。

・1回20ml
・1日3回
・食前か寝る前に飲む

規定を守ると、1,000mL入りで約16日分ということになります。

藁にもすがる思いで受け取ったその日からさっそく1日3回きっちり飲むことにしました。

頼むから効いてくれ~。

これでダメだったら頑張って病院行こう・・・。

翌日にはめまいと吐き気が止まった!

養命酒は漢方みたいなものなので即効性があるわけではなく、時間をかけてじわじわ効くものだということは重々承知していました。

薬用養命酒は穏やかな作用の滋養強壮剤です。少しずつ続けて飲んでいくことで、じっくりと効きめがあらわれるので、1日3回、食前または就寝前に飲むようにしてください。健康は日々の積み重ねによるものです。
引用元:正しい飲み方|養命酒製造株式会社

ゆっくりでも元気になれればそれでよい、と思っていたのですが・・・

なんと翌日にはめまいと吐き気が治まりました!

他の症状はまだありましたが、今まで寝たきりだったのがやっと動けるようになったので嬉しくてたまらなかったです。

ちなみに、公式サイトによると養命酒の効果が現れるまで2ヶ月かかるそうですが、口コミを見ると私のようにすぐに効果が表れた方も結構いらっしゃいました。

>>>アットコスメで「養命酒」の口コミを読む。

やはり長い間ずっと症状が出てる方はその分効果が出るまで時間がかかるようです。

私の不調はここ半月くらいのことだったのですぐ効果が現れたのでしょう。

飲み始めた翌日の夜には食欲も出てきて久しぶりの食事。

ご飯を食べて栄養が摂れるようになったら、あっという間に回復しました。

養命酒パワーすごい!本当に驚き。

長年愛されている商品はやっぱり違いますね。 


疲れた胃腸に14種類の生薬が効く

f:id:sd_marisuke:20180905120747j:plain

画像元:養命酒製造株式会社

薬用養命酒は14種類の生薬が溶け込む滋養強壮の薬酒です。

補う、温める、巡らせるといった生薬の作用で、からだが健康を保つために本来的にもっている働きを整え、症状をじっくりと改善します。

服用していくと、疲労を和らげる…胃腸の働きを整える…冷え症を改善するといった効きめをあらわし、からだを健康な状態へと導くのが特徴です。
引用元:薬用養命酒トップ|養命酒製造株式会社

養命酒は第2類医薬品。

食品であり、効能・効果を謳うことが出来ないとサプリメントと違い、養命酒は効能・効果のあることが認められている薬酒です。

養命酒によって効果が期待されている症状は以下の通り。

胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症、肉体疲労、虚弱体質、病中病後

漢方医学の考え方から選ばれた自然の生薬を複数組み合わせて効果を発揮、薬草成分が胃腸を活発にしながら浸透し、体の不調を改善していきます。
>>>生薬について|養命酒製造株式会社

また、アルコールの力も合わせて全身の血行を促進し、成分が素早く効果的に巡る効果も。

体質を向上させて体調を整えるほか、体に備わる免疫力や自然治癒力を高めてくれるのです。

まずい?おいしい?味について

養命酒の最大の弱点がこの独特の味。

シナモン系なんですが、好き嫌いが分かれる味で口コミでも「まずい」という声が目立ちます(^^;)

例えるなら咳止めや風邪薬シロップを濃縮して酒を混ぜた感じの味で結構甘いです。

私は全然大丈夫ですし、むしろ癖になる味で好きですけどね~。

良薬口に苦し、1回20mlと少量なのでクイっと一気に飲み干せば大丈夫!

・・・と言いたいところですが、やはり苦手な方が多いと思うので飲みやすくする方法も紹介しますね(´▽`)

飲みやすくする方法

公式では冷蔵庫で養命酒をキンキンに冷やしてから飲むという方法がおすすめされています。

試してみると確かに生薬の独特の風味や甘みが緩和されて飲みやすい。

ちなみにお湯割りもおすすめされていましたが、アルコールが湯気に乗って上がってくるので逆にきつかった・・・。

普段からお湯割りに慣れてる方だったら大丈夫かもです。

個人的には温かい紅茶や牛乳に入れるという方法もおすすめ。

紅茶はチャイティー、牛乳はカルアミルクみたいで美味しいので朝はこの方法でゆっくり楽しんでいます(^^)

養命酒の味が苦手な方は上記の方法を試してみてください。

どうしても不安な方は小さい700mlの方からトライしてみるのもいいかもしれませんね。

アルコールなので注意

養命酒は名前の通りお酒なので、20歳未満の未成年の方は飲めません

また、アルコール分は14%とワイン程度なのでお酒が弱い方は気をつけてくださいね。

もちろん飲んだ直後は飲酒運転になるので運転は出来ません。

養命酒は1回20mlなので一般的な成人の方なら30分ほどでアルコールは分解されます。

余裕を見て1時間もおけば大丈夫だとは思いますが、個人差もかなりありますし体調によって分解能力も変わってきますので、運転する予定があるときは飲まない方がいいでしょう。

飲む回数を減らして1日1回でも十分効果を感じられるので大丈夫ですよ~。

体質・体調によって量の調整を

規定では1日3回が推奨されていますが、効果によっては調整が必要です。

私も回復して元気になった後でも1日3回飲んでいましたが、胃腸の調子が良くなりすぎたのか食欲がすごく増してしまったので慌てて飲む量を減らしました。

調整してしばらくすると治まったのでひと安心。

今は朝半分の10ml寝る前に20mlの1日2回にしていて、これだと1ヶ月持つのでちょうど良いです。

口コミを読んでも1日3回飲んでいる方はほとんどいなくて、夜だけの1日1回という方が多い印象。

>>>アットコスメで「養命酒」の口コミを読む。

それでもみなさん効果が出ているので出来る範囲でコツコツ継続することの方が大事だと思います。 

まとめ:夏の疲れと不調には養命酒!

生まれて初めてこんなに酷い夏バテを経験し、涙が出るほど辛かったので本当に助かりました。

飲むだけ、という手軽さもいい。

肌がきれいになった、ツヤツヤになった!」という口コミもよく見かけたのでそちらも効果あるといいな~♪

9月になりましたが、こちら沖縄はまだまだ暑いので夏バテ予防にそのまま継続して飲み続けてみようと思います(^^)

温め効果に特化した『生姜琥珀酒』という姉妹品もあるので冷え性が特に気になる方はこちらがおすすめ。

私も冬はこちらを試してみるつもりです(^^)

冷えは万病のもと、夏でも暑いからといって冷たいものをとりすぎずに体を温めることを意識した方がいいですね。

次の記事へ>>>【ズボラ向け】ゆる冷え取り、温活を始めて体質改善を目指す。効果、やり方まとめ。