健康・美容

保湿剤『サンホワイト P-1』は敏感肌でも安心、肌断食の強い味方*他のワセリンとの違いなど

f:id:sd_marisuke:20170320161008j:plain
シンプルスキンケアを目指して肌断食中の私ですが、先日やっと「サンホワイト」を購入しました。

「サンホワイト」はワセリンの中で最も精製度が高く、アトピーの保湿剤でよく使われるほどお肌に優しく安全なものです。

只今使ってみて約1ヶ月。

今日は「他のワセリンと何が違うの?」というところや使用感、効果について書きたいと思います。

黄色ワセリン、白色、プロペト・・・何が違うの?

ワセリンは精製度の違いによって、「黄色ワセリン」「白色ワセリン」「プロペト」と数種類に別れています。

黄色ワセリンで有名なのがよく売られている「ヴァセリン」。

お安いし簡単に手に入るのはいいのですが、肌断食(宇津木式)では黄色ワセリンの使用は推奨されていません。

続いて薬局などで見かける白色ワセリン。私も今までこちらを使っていました。

日本薬局方というところが販売していて、第三種医薬品です。

そしてプロペトは皮膚科で処方してもらえる軟膏。

小さな頃は肌が弱かったのでよくお世話になりました。

一応プロペトも白色ワセリンの一種になります。

これらを純度の高い順に並べると

プロペト>白色ワセリン>黄色ワセリン

となり、精製度の高い(純度が高い)ほど黄色~透明に近づいていくのです。

純度が高いほど品質が安定して、酸化しにくく、お肌に優しい「質の良い」ワセリンになります。

宇津木式の肌断食で黄色ワセリンが推奨されていないのは、やはり純度が低く不純物や添加物が含まれているから。

お肌が敏感な方はそれらに反応してしまう恐れがあります。

逆に、この中では「プロペト」が一番お肌に優しいワセリンということ。

皮膚科で処方されているくらいですからね。

サンホワイトは?

サンホワイトは精製を重ねてプロペトより純度を上げたもの。

最も精製度が高く、不純物が少ないワセリンなんです。

そのため酸化したりお肌に悪さをする心配がありません。

その安全性は、医薬品軟膏のもとになったりアレルギー判定に使われるパッチテストのベースに使われるほど

まさにワセリン界ナンバーワンの存在です。

実際に使ってみた感想

こんなにすごいのになぜ白色ワセリンを使っていたかというと・・・

数百円をケチったから。

「一応医薬品だし、そんなに変わらないでしょ?」と思っていました。

結論から述べると「やっぱり違う!」

白色ワセリンも悪いものではないので、お肌への刺激はほとんどないのですが使用感が全然違いました。

最初からサンホワイトを使っていればよかったです。

使い方

▼こちらがサンホワイト。

f:id:sd_marisuke:20170320161009j:plain

使いやすいようにチューブタイプにしました。

大きさは普通の歯磨き粉の一回り小さいくらいです。

出してみます。

f:id:sd_marisuke:20170320161012j:plain

結構かたい。

出したままの形が保たれています。※普段の使用量はもっと少ないですよ。

寒い日は特にかたくて、ちょっと力を入れないと出てこないです。

色は透明、純度が高い証拠です。

▼私が1回で使う量はこれくらい。

f:id:sd_marisuke:20170320161006j:plain

米粒2つ分を手に出してよく擦り合わせて伸ばし、顔にまんべんなくハンドプレス。

うすーく、薄くつけるのがポイントです。

ワセリンはあくまで水分が逃げないようにフタをしてくれるもの。

たくさんつけたから潤う、というわけではありませんのでそこはご注意を。

使用感・効果

f:id:sd_marisuke:20170320161530j:plain

使ってみてまず思ったのが「軽い!」

ワセリンのあのベトベト感が苦手だったのですが、サンホワイトは軽くてベトベトしません。

テカリも少ないような。

今までは顔につけると膜が張ってる感じが凄かったのですが、サンホワイトはつけてしばらく経つとお肌にすごく馴染みます。

なんていうか、ものすごく人間の皮脂に近い感じ。

今までベタベタ&被膜感が苦手で乾燥してるのわかっててもワセリンをなかなか塗らず。

そのせいで皮むけ、粉吹きが発生。

それくらい嫌でした・・・。

でもこの使用感なら続けられそう。朝の水洗顔もサッパリ。

今は冬なのでほぼ毎日使っていますが、吹き出物も出来ずに安定しています。

もちろん皮ムケ、粉吹きもすっかり治まりました。

あとはチューブタイプなので使いやすいですね。

ジャータイプは衛生面が気になって毎回綿棒で取っていたので面倒でした。

量が少なくなるにつれて取り出しにくくなるし・・・。

チューブタイプなら最後まで気持ちよく使えそうです。


おわりに

実際使ってみて、いろんな方がサンホワイトをおすすめする理由がわかりました。

他のワセリンより高いっていっても1000円もしないし、1回でごく少量しか使わないからコスパいいですよね。

全身に使えるし、リップ代わりにもなるので1本あると便利。

肌の様子やもう少し詳しい使用感のレビューは今月の肌断食経過レポで書こうと思います。

肌断食のワセリンどれにしようか迷ってる方や敏感肌で合う保湿剤がない!と悩んでいる方はサンホワイト、おすすめです。

ぜひ試してみてくださいね(^^)

肌断食のまとめです。

次の記事へ>>>肌断食(宇津木式)を続けて1年経ったのでやり方、実際に感じた効果や変化をまとめます。