眠りにつくころ

シンプルライフときどき犬。

スポンサーリンク

【ズボラ向け】ゆる冷え取り、温活を始めて体質改善を目指す。効果、やり方まとめ。


チェック

この記事をシェアする

f:id:sd_marisuke:20161003184932j:plain

こんにちは。

おもち(@sd_marisuke)です。

 

タイトル通りなのですが、冷え取りを始めることにしました。

 

実は前からやってはいるのですが、何度も挫折。

 

私はガチガチの石頭タイプなので今度は続けられるようにゆるく実践してみようと思います。

 

効果や実践方法もまとめてみたので冷え取り気になっている方の参考になれば嬉しいです(^^)

きっかけ

また再開しようと思ったきっかけは続く体調不良です。

 

膀胱炎、自律神経失調症と若い頃から何度も繰り返しているもの。

 

最近忙しくて体のことをおろそかにしていたせいでまた再発してしまいました。反省。

 

自律神経の乱れには体質改善が効果的だそうです。

 

生理痛も年々重くなってきて辛いのと、母親が婦人科系の病気で今の私と同い年に子宮全摘出しているのでちょっと怖くなってきたのもあり・・・(婦人科系の病気のなりやすさは家系で似るって言いますよね) 

 

「もうこんな不調続きから脱出したい・・・!」

 

最近あまりにも体調が優れずつらいので、冷えとりをしながら健康な身体を取り戻そうと決意したのでした。

 

なぜ「ゆる冷えとり」か

f:id:sd_marisuke:20161008005145j:image

私は応用の効かないガチガチの石頭タイプ。

 

教科書を読んでそれをそのまま鵜呑みにし、変だな?と思うことでも本に書いてあったらそのまま続けてしまいます。

 

冷え取りの本の中に出てくる「瞑眩」「好転反応」という言葉。

 

冷え取りを始めると発熱や下痢、湿疹、かゆみなど一時的に今まで西洋医学で押し込めていたものが不調となって出るが、いわゆる「毒だし」であって良くなっていく過程なので薬などを飲んだり諦めてはいけない、というものです。

 

去年40℃近い熱を出すも「瞑眩だ!」と薬も病院も断固拒否して放置した結果、1週間高熱が続き、気管支炎までこじらせ彼に強制的に病院に担ぎ込まれるという事態に。

 

大迷惑だし危険。

 

どんなものでも万人に合うものなんてありませんよね。

 

特にこのような民間療法に近いものは自分の体と相談してやる、やらないことを選ぶことが大切だと思います。

  

出来る範囲で無理せず続けられるようにゆるくやっていく方がいいのかも。

 

ズボラなので簡単なのは助かりますね(^^)

  

参考にしている本

よく読んでいるのが青木美詠子さんの冷えとりシリーズ。

この方もたくさんの不調に悩まされながら様々な方法を試し、自分に合ったスタイルで長年冷えとりを実践されている方。

 

全体的にいい意味でゆるりとした雰囲気です。

 

この記事の挿絵として使っているイラストも青木さんの本のもの。かわいいですね。

 

敷居が高いイメージの冷えとりでしたが、私でも頑張れそうと思える一冊。

 

本の詳細や他のおすすめはこちらの記事にまとめたのでよろしければどうぞ。

【ゆる冷え取り】私が本当におすすめしたい初心者向けの本3冊をご紹介します。

 

体を温めるメリット

f:id:sd_marisuke:20161008002435j:image

 体が冷えた状態だと健康に良くないと言われていますね。

 

実際、身体を温めるとどのような効果があるのでしょうか。まとめてみます。

 

1、血行が良くなる

血のめぐりが悪いと、腰・肩・首などのこりを引き起こします。肩、首のこりはめまいや頭痛の原因にも。

 

その他婦人系疾患、不眠にもつながるとか。

 

血行が良くなると体中に充分な栄養が運ばれるので健康にも美容にも良いそうです。

 

脳に酸素がたっぷり運ばれるので思考もポジティブで元気に。

 

2、代謝が良くなる

代謝が悪いと肥満、むくみ、倦怠感(だるさ)、老化の原因に。

 

ダイエット中なのでこれは気になります。

【体重公開】ダイエットバトルを仕掛けられたので作戦を練る。

  

代謝が良くなることで余計な脂肪がつきにくく、疲れにくい身体に。

 

3、免疫力の向上

免疫力を上げると感染症、アレルギー、癌のリスクが減ります。

 

私は風邪をひきやすいのでウイルスに負けない身体をつくりたい!

 

体が冷えて良いことって何一つないですね。

 

体温が1℃上がると免疫力が5~6倍、基礎代謝が13~15倍アップするとか。すごい。

 

具体的に取り組みたいこと

 体を温めるために私が実際にやってみたいことです。

 

1、靴下の重ね履き

といっても2枚だけ。

 

本来は絹と綿の靴下を4枚~重ね履きするそうですけど、洗濯とか履き心地を考えるとちょっと厳しい。

 

元々服の重ね着なども苦手です。

 

去年しまむらで購入した冷え取りソックスがあるのでそれを使おうと思います。

 

「冷え取りシルク混SOCKS」という商品でシルク混の5本指靴下と綿混の先丸靴下のセットです。

 

お値段セットで580円。安い!

 

5本指靴下の方は履き心地がイマイチだったので、別売りで売っていたシルク100%の5本指ソックス(これもしまむら。480円くらいだったと思う)に先丸の靴下を重ねています。

 

▼履いた感じ。右が絹(シルク)の5本指。

f:id:sd_marisuke:20161003184939j:plain

ビルケンのボストンに合わせて、外出するときにも履いてます。

f:id:sd_marisuke:20160711102104j:plain

楽だしかわいいです(^^)

健康的でおしゃれなドイツ靴、ビルケンシュトックのボストンを購入。 

 

お値段は安いですけど、ちゃんと温かいですよ~。

 

しまむらので試してみて続いたら天然素材100%のちゃんとしたのを買おうと思います。

内絹外綿になっているので1足で2足分に近い効果があるみたい。

 

2、冷たい食べ物・飲み物を控える

私は暑がりで氷たっぷりでキンキンに冷えた飲み物ばかり飲んでいます。

f:id:sd_marisuke:20161008004324j:plain

アイスクリームも大好き、プリンも凍らせて食べています。

 

だってこちら沖縄、暑いんですもの(´ `;)

 

これからはなるべく冷たすぎるのは控えて、温かい飲み物にシフトしていこうと思います。

 

アイスも大好きだけど食べ過ぎないように気をつける。

 

いつも冬に飲んでいるルイボスティー。安いしカフェインが入っていないので気にせず飲めてお気に入り。

ちょっと早いけどそろそろ飲み始めようかな。

 

3、体を温める食べ物を積極的にとる

f:id:sd_marisuke:20161008002500j:image

根菜や発酵食品、豆、海藻、きのこなど体を温める食べ物を積極的に取り入れたいと思います。

 

 特に発酵食品である味噌を使った味噌汁は飲んだら体が一気に温まるのが実感できるので毎日取り入れたいです。

もはやおかず!地元民が作る沖縄風味噌汁レシピと豆知識。

 

しょうがもいいですね!しょうが紅茶好きです。

生姜(しょうが)紅茶で体の中から温める。効果的な作り方や、飲む量は?

 

シリアルとか甘い物など冷えとり的にはよくないと思いつつ食べちゃってますが・・・ゆるゆる続けるためには多少は妥協も必要かなと思いあまり気にしすぎないようにします。

 

4、腹八分目を心掛ける

 満腹まで食べ過ぎると胃に血液が集まりすぎ血流が悪くなり、冷えにつながるそう。

f:id:sd_marisuke:20161008004401j:plain

確かにお腹がパンパンになるまで食べたあとって頭がボーっとして動きが鈍くなる感じ。

 

よく噛んでゆっくり食事をし、小食を心掛けたいと思います。

 

5、半身浴や足湯をする

うちは外人住宅なので湯船になかなか浸かりづらい。(バスタブと洗い場が一緒)

 

足湯なら簡単にできそうなので週末などにゆっくり浸かって温まりたいと思います。手湯でもいいとか!

 

6、暖かい服装を心掛ける(特に下半身)

特に下半身を温めると血のめぐりが良くなるのだとか。素材も綿とか絹とか天然素材の方がいいらしい。

 

露出した服装はしていないのですがスカート多めなので気になります。

秋のおでかけ服13コーデを公開します。ほぼ無印、ユニクロの服でした。

 

 タイツを履くとかレッグウォーマーを重ねるとか工夫したいです。

f:id:sd_marisuke:20161008002516j:plain

次服を買うときはなるべく素材にこだわってみよう。

 

重ね着は苦手なので、薄手で着心地のいいインナーも探そうと思います。

 

7、ウォーキングやストレッチなど適度な運動をする

f:id:sd_marisuke:20161008004414j:image

適度な運動は健康のためにも必要不可欠。

 

今はダイエット中というのもあって朝ウォーキングをやっています。続けよう!

ユニクロスポーツでトレーニングウェアを新調*サラリと着心地良くコスパ良し

 

ストレッチもこまめに。

 

筋肉は熱を作り出し体を温め、体を動かすことで血行も良くなります。

 

気分もスッキリするのでいいですね。

 

8、睡眠をたっぷりとる

f:id:sd_marisuke:20161008000024j:plain

睡眠不足は自律神経の乱れのもと。

 

自律神経が乱れると冷えを招きさらに状態が悪化する、といった負のループ。

 

最低でも7時間は寝たい・・・。

 

おわりに

・靴下や服装で体をあたたかく(特に下半身)

・半身浴や足湯をする

・冷たいものを摂り過ぎない

・体を温める食材を積極的にとる

・腹八分目の小食を心掛ける

・軽い運動やストレッチをする

・たっぷり睡眠をとる

 

これらのことを試してみて、今の不調が改善されればとても嬉しい。

  

不安やイライラのストレスも冷えを招くそうなのであまりストイックになりすぎず、ゆるりと続けていこうと思います。

 

不調から脱出して健康体になるぞ。

 

また変化があれば報告します(^^)

白湯も始めました。いい感じです。

気持ち悪い・・・コーヒーによる体調不良に白湯(さゆ)が効いた。おすすめの対処方法。