飼い犬が行方不明になってから発見されるまで。


ご無沙汰しております。

マリが行方不明になっており、ブログを更新できませんでした。

10月9日(日)に行方不明に

いつもの日曜日。

マリの散歩へ行ってお風呂に入り、夕飯を食べてゆっくりしようと思って散歩へ出発。

大体1時間コースの2/3を過ぎたところで狭い道を男子高校生がたむろして塞いでいるのが目に入りました。

しかしこの道を通らないと帰れないのでそのまま通ることに。

今思えば、時間がかかっても元の道を引き返せばよかった。

道を通ろうとした瞬間、その中の一人が立ち上がりそれに驚いたマリがパニック状態に。

激しく暴れて首輪を抜け出し、走って逃げてしまいました。慌てて名前を呼び、追いかけるも振り返らずに一目散に走り去るマリ。

中型犬が本気で走る速さに人間が追いつけるはずもなく・・・そのまま見失ってしまいました。

出発前に首輪がゆるくないか確認をし、きつすぎるかな?と思うくらいだった。

呼び戻しも完璧だと思っていたし、ドッグランへ行っても私の側を絶対離れないマリに「ドッグランに来た意味ないじゃん~」と笑っていたのに。

まさかこうなるなんて。

飼い主である私の油断が招いたことでした。

首輪ごと抜けてしまったので鑑札や迷子札も意味なし。

その後2、3時間辺りを探すも見つからない。

会う人会う人声をかけ白い中型犬を見なかったかと聞くも目撃情報なし。

あんなに大きい犬がウロウロしていたら絶対誰か見てるはず・・・車の下や民家の庭で隠れているのか?遠くへ行ってしまったのか?

姿を隠せそうなところも細かく探してみましたがいないので自宅にタクシーで戻り、車に乗り換えて範囲を広げ1晩中探し続けましたが結局見つかりませんでした。

もしかしたら家に戻っているかも、という淡い期待もむなしく・・・。

行方不明2日目

警察に遺失物の届けを出す。

月曜日でしたが祝日のため、愛護センターや役所には連絡できず。

とりあえず張り紙やチラシを作成していなくなった場所、自宅の周辺のコンビニ、スーパー、ガソリンスタンド、動物病院などに貼っていただきました。

1日中探すもやはり見つからず。


行方不明3日目~8日目

何度か目撃情報の電話が入ったり掲示板に情報が寄せられたりしましたが、探せなかったりとてもよく似た犬だったり。

愛護センターや警察、役所、道路の管理センターに問い合わせるも該当する犬なし。

3日目くらいから真夏並みの日差し・・・

雨がずっと降っていないし、マリは日光アレルギーなのでとても心配です。

どうか涼しい場所で身を隠していますように。

4日目でやっと雨が降りました。

水さえ確保出来ればまだなんとか・・・。

マリは保護犬で生後5ヶ月くらいまで公園で野良犬していたらしいので、そのころを思い出してなんとか生き延びていますように。

探す体力も気力も限界が

散歩の途中に名前を呼んだときの笑顔、ソファで幸せそうに寝る姿、たまに甘えてくる姿・・・いつものマリを思い出して涙が止まりません。

最後に見たのは尻尾を下げて走り去る後ろ姿。

あれが最後になるの?

家でずっとぐうたらしてるマリを見て「おばあちゃんになって寝たきりになっても今とそんなに変わんないね~。」なんて笑ってた。

マリがおばあちゃんになった姿を当然見られると思ってた。

もし帰ってこなかったら・・・。

実家でも小さい頃から犬を飼ってていつかお別れが来るのは覚悟していたけれど、こんな急なんて思ってもみなかった。

眠らず食事もとらず、仕事が終わったらマリを探し続けて私の体力も気力も限界が近づく。

でも知らない場所でお腹を空かせて怖い思いをしているだろうマリを思うと・・・。

マリがいない家に帰ると頭がおかしくなりそうだった。

マリは大人になってから私が初めて自分で飼い始めた犬。

私にとってマリは特別です。

離婚したとき、死ぬほど辛いことがあったとき。

いつもマリがそばにいてくれたから乗り越えられた。

本当に、本当にごめん・・・。

マリは保護犬で人、特に男性を怖がっていることはわかっていたはずなのに。

すぐに抱っこしてあげればよかった。

後悔してもしきれない。

こまちもあまり構ってあげられなくて罪悪感。

9日目

早朝から着信が。

郵便局員の方からでした。

駐車場でマリに似ている犬が迷い込んでいたのを保護して警察署に届けたという連絡でした。

職員の方の中に張り紙を見ていた方がいてとても似ているので連絡をしたらしい。

家の近くだしありえるかも・・・。

すぐ確認しに警察署へ向かいました。

入り口の方にいるというので職員の方と一緒に確認しに行く。

・・・!

マリでした。

もう体力がないのか、こちらの姿を見ても横になったままぐったりとしていました。

それでもシッポだけはブンブンと振るマリ。

涙が止まりませんでした。

ごめん、本当にごめん。

無事でいてくれて本当によかった。

すぐに引き取り帰宅。

おかえりなさい

すごく汚れていて、ガリガリに痩せていました。

強い日光に当たり続けていたせいで背中は毛がなくなり、カサブタだらけ。

すぐお風呂に入れて休ませましたが、よほど怖い思いをしたのかその日はブルブルと震えが止まりませんでした。

お風呂入ったあとでもこのボロボロ感・・・。

それを見てまた涙。

本当にごめんね・・・。

いつもは甘えないのに私の手に頭をスリスリ。

おかえりマリ。

もう大丈夫だよ。

その後ふやかしたエサを少し食べ、水を飲みソファでぐっすりと眠っていました。

落ち着いたら病院へ。

下痢をしていて心配でしたが特に異常なし。

日光で炎症を起こしている皮膚以外は大きな怪我もなく一安心です。

整腸剤や抗生物質などの薬をもらって帰宅。

おわりに

マリが無事にお家に帰ってきて3日目ですが、下痢も治まり、ご飯もいっぱい食べてよく眠り、顔つきも以前のように穏やかな感じに戻ってきました。

もう二度とあんな思いはさせないからね。

鑑札と迷子札をつけた首輪はつけっぱなしで散歩時はその上からハーネスにしようと思います。

絶対に外れない首輪はないと思うから。ハーネスも外れないように気をつけよう。

マリを発見してくれて連絡をくださった郵便局員の方を始め、張り紙を見て連絡してくださった方、迷い犬の掲示板や沖縄の掲示板でもたくさんの親切な方に協力していただき励まされました。

本当に感謝です、

ありがとうございました。

掲示板では

「口先ばかりの家族で飼い犬を迷い犬にするなんて飼い主失格」

「こんな飼い主に飼われる犬がかわいそう」

などお叱りの言葉をいただきましたが本当にその通りで、真摯に受け止めて二度とこのようなことがないように努めようと思います。

もしこのままマリが行方不明のままだったと思うと・・・。

ペットを飼う以上いつかお別れがくることは覚悟していますが、生死もわからない亡骸も抱きしめられないお別れは一段と辛いですね。

無事に帰ってきてくれて本当によかったと思います。

改めて、

おかえりマリ!

もう絶対にひとりぼっちにはさせないからね。

それでは、ご心配をおかけしました。

次回からいつものよう更新出来ると思います。

これからも当ブログをよろしくお願いします。