眠りにつくころ

シンプルライフときどき犬。

スポンサーリンク

断捨離後はお気に入りだけの少数精鋭でクローゼットがすっきり*服の収納に悩まなくなりました。


チェック

この記事をシェアする

f:id:sd_marisuke:20170929095857j:plain

若い頃から人並みにファッションが好きで、かつては100を優に超える服や小物を所持していました。

 

狭いクローゼットからは服があふれ出し、取り出すのもひと苦労。

 

とりあえずぎゅうぎゅうに押し込めていたので自分がどんな服を持っているのかも把握出来ず、「着る服がない!」とよく頭を抱えていました。

 

その後断捨離をしてお気に入りの服だけに厳選した結果、今では年間を通して20着以下。

 

おかげでクローゼットがかなりスッキリして服の収納に困ることがなくなりました。

 

その日着る服も悩まずに「これがいい!」とすぐに決められるように。

 

今日はそんな私のクローゼット事情について書いていきます。

たくさんあるのに着る服がない?

服が好きでなんとなく「かわいいから」「流行ってるから」「セールでお得だから」とつい新しいアイテムを買ってしまう――。

 

以前の私はこのような状態で常にクローゼットはパンパン。

 

着回しも苦手で手持ちの服を活用できず、追加するばかりでどんどん増える服。

 

たくさん服を持っているはずなのに「着る服がない」と鏡の前で呆然と立ち尽くすこともありました。

 

正確には「着る服」はいっぱいあるけど「着たい服」がない状態

 

服だけに限らず、なんとなく手に入れたものって結局使わなくなるんですよね・・・。

  

当時はそのことに気付いておらず常に「新しい服が欲しいなあ」と思っていました。

 

断捨離後のクローゼット

断捨離に出会ってから自分の持ち物を厳選。

 

本当に必要な物や気に入っているもの以外は全て手放しました。

 

私なりの断捨離方法は以前書いた『断捨離祭り!私のやり方とコツをまとめて公開します。効率の良い実践方法や順番など』という記事をご覧ください。

 

その後も服を買い足すときは「自分に似合うか?」「本当に必要?」「どうしても欲しい?」とよく考えてから購入するように。

 

おかげでクローゼットにはゆとりが生まれ、クローゼットに入りきらない分を収納していたパイプハンガー(服の重みで傾いていた)も処分することが出来ました。

 

▼今のクローゼットです。

f:id:sd_marisuke:20170930125108j:plain

上段はかけて収納するもの。

 

かなりスッキリ!

 

これは自分のクローゼット??って疑いたくなるくらいです。笑

 

▼下段は衣装ケースにTシャツ類や下着、スポーツウェア、タオル、枕カバー、冠婚葬祭セットなどを収納しています。

f:id:sd_marisuke:20170930125111j:plain

ケースは無印良品の『ポリプロピレンクローゼットケース 小』と『ポリプロピレン収納ケース引き出し式 小』を使用。(下3段がクローゼットケース)

 

無印のPPケースはシンプルで丈夫なのでおすすめ。

>>ロハコで無印良品の収納用品を見る

 

写真に写っているこの4つが私の分。右側は一緒に住んでいる彼の分です。

 

彼の服については以前『片付けは伝染する?マキシマリストな彼が断捨離を始めた』で紹介しましたが別で収納してもらっています。

 

私の今年の夏服は全部で9着。

 

参考記事>>>定番服で夏のシンプルコーデ*無印多めのワードローブ9着で着回してみました。

 

少数精鋭にすることで手持ちの服が一目で見渡せ、着る服に悩まなくなったので時間にゆとりが持てるようになりました。

 

恥ずかしながら私、いつも出発時間ギリギリになってしまうタイプで(^^;)

 

今は以前のように焦ってバタバタと準備しなくて済むようになったので助かっています。

 

シーズンオフの服は真空袋に入れて天袋へ。

f:id:sd_marisuke:20170930140904j:plain

コートなど畳みたくない服はクローゼット右側。

f:id:sd_marisuke:20170929095416j:plain

ギターなどたまにしか使わないものもこちらへ置いています。

 

以前はこの左から右まで服でびっちりだったんですよね~。大進歩です。

 

上段はスペースに余裕があるので化粧道具と鏡を置いてこちらで身支度しています。

f:id:sd_marisuke:20170930140953j:plain

※奥にあるのは『ストレッチポール』です。

 

この曲げわっぱの中がメイク道具。詳しくは『メイク道具公開*普段のメイクはこの6つだけでシンプルに』という記事からどうぞ。

 

化粧はここで行えばいいので、ドレッサーとして使っていた机も処分出来ました。

 

寝室は狭いのでパイプハンガーとドレッサーがなくなってかなりスッキリ。

 

これから

上段スペースはまだ余裕があるし収納ケースの中身も結構スカスカです。(一番下はほとんど何も入っていない状態)

 

シーズンオフの服をわざわざ天袋に仕舞わなくてもいいのかな、と考え中。そうすれば衣替えが楽になります。

 

もしくは収納ケースを1つ処分してスペースをさらに空けるとか。

 

もうすぐ引っ越し予定なので減らすのもいいかもしれません。

 

参考記事>>>1年後の引っ越しに向けてやっておきたいこと。

  

おわりに

手持ち服を厳選することでクローゼットがすっきり、そしておしゃれが楽しく。

 

服の数はだいぶ少なくなりましたが、すべてお気に入りの服なので満足感があります。

 

たくさん服を持っていたときよりおしゃれを楽しめるというのがなんとも不思議な感じです。

 

満たされているので前のようにむやみやたらに服が欲しいと思うこともなくなりました。

 

▼気に入った服を厳選して選ぶという考えについて、最近読んだこちらの本もおすすめです。

ベストセラーになった『フランス人は10着しか服を持たない』のコミック版、本家は文字が多いですがこちらは漫画なので気軽に読めます。

 

服の収納や毎日着る服を考えることに疲れ果てたときは服の断捨離、ぜひ試してみてくださいね(^^)

 

関連記事>>>断捨離祭り!私のやり方とコツをまとめて公開します。効率の良い実践方法や順番など