眠りにつくころ

シンプルライフとインテリア、ときどき犬。

眠りにつくころ

天然のウールダスターでおしゃれにホコリ取り*洗って繰り返し使えます

スポンサーリンク

f:id:sd_marisuke:20160613095257j:plain

こんにちは。

おもち(@sd_marisuke)です。

 

うちでホコリ取りとして使っているのは羊毛100%のウールダスターです。

 

まず見た目がふわふわでかわいらしく出しっぱなしでもおしゃれ!

 

洗って何度も繰り返し使えるのでコスパはいいしホコリも良くキャッチしてくれて性能もばっちり、お気に入りです(^^)

使い捨ては楽だけど・・・

最初は使い捨てのホコリ取りを使っていました。使ってポイするだけなので楽なんですけど、微妙に高いですよね。

 

我が家は特に犬を飼っているのですぐに汚れ、破棄しなければいけなかったのでコスパが悪かったです。

 

100均のものはあまりホコリが取れなくて使えませんでした。

 

次に使いだしたのが洗濯出来て繰り返し使えるもの。コスパはよかったですが、見た目が派手。

f:id:sd_marisuke:20160613095439j:plain

ピンク・・・。

 

重いし毛?が硬いので観葉植物などのホコリ取りには使えませんでした。葉っぱがもげそう。

 

その後雑誌で見たことがあるウールダスターを思い出し、「高いだろうな~」と思いつつ検索してみたら意外に安くて購入を決めました。

 

安い、コスパ良し

こういう北欧風のおしゃれ雑貨って高いですよね。3000円くらいだったらいいなあ・・・と思いながら検索してみると、

 

Amazonで1200円ほどでした。安いじゃないですかー!

使い捨てのホコリ取りが1ヶ月400円ほどだったので3ヶ月で元が取れます。

 

洗って繰り返し使えるのでコスパも良い。

 

もっと早く知りたかった!

 

ちなみに私が使っているのはLで、もう少し小さいSもあります。Sはお値段900円ちょっと。

 

出しっぱなしでもおしゃれ

私は面倒くさがりで掃除も苦手。なので掃除道具はなるべくぱっと使えるようにしたいです。

 

このウールダスターはフワフワの綿あめのような見た目がかわいらしく、持ち手が天然木なのでナチュラルな雰囲気。

 

出しっぱなしでも様になります。素敵! 

f:id:sd_marisuke:20160613095313j:plain

いつもこのようにフックにかけっぱなしです。

 

ホコリに気が付いたらぱっと取り出して使うことが出来るので便利(^^)

 

使っているときもおしゃれ女子になったようでテンション上がります。

 

ホコリもばっちり取れる

羊毛はホコリを吸着して離さないのでホコリをよくからめとってくれます。

 

なでるだけで汚れがすっと取れるので楽!

 

思わずなでたくなるくらいふわっふわなので、傷をつけません。細かい箇所に入り込んだホコリも取りやすいです。

 

傷をつけたくない大切な家具や観葉植物、家電に最適ですね。 

f:id:sd_marisuke:20160613095241j:plain

f:id:sd_marisuke:20160613095251j:plain

持ち手も長いので手が届きにくい場所もばっちりです。

 

お手入れが楽で清潔を保てる

日々のお手入れは外でファサファサとウールダスターを振って、吸着したホコリを落とすだけでOK。

 

汚れてきたら中性洗剤で洗えます。私はいつもエマールで洗っています。

 

洗って乾かせばまたフワフワに。乾きも早くて半日もあればすぐに乾きますよ。

 

お手入れの方法はこちらで詳しく紹介しています。

ウールダスターの洗い方・お手入れ方法をご紹介。

  

おわりに

目につくところに出しっぱなしOKで気になったときにさっと取り出せるので楽!

 

見た目がかわいいのでテンションも上がって毎日のお掃除が楽しくなりました。

 

 洗って繰り返し使えるふわふわなウールダスター、おすすめです(^^)

*こちらも合わせてどうぞ*

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。