ブログ改装中*デザインの崩れや画像などを順次修正しています。
冷え取り

生姜(しょうが)紅茶で体の中から温める。効果的な作り方や、飲む量は?

f:id:sd_marisuke:20161210150415j:plain
少し前から続けている冷え取り。

実践している中で一番効果を実感しているのが生姜紅茶です。

手軽でお金もさほどかからず、体の芯からポカポカしている感じ。

寝つきも良くなって以前より体調が良くなったように感じます。

代謝が上がるのでダイエットや美容にもおすすめですよ(^^)

生姜紅茶の効果

しょうが紅茶は、紅茶にしょうがを入れるだけという簡単お手軽ドリンクなんですが、その温め効果が凄い。

まずは生姜について。こちらは体を温める食材としてもう有名ですよね。

あとで詳しく説明するのですが、少量ですぐに体がポカポカと温まって効果抜群。

血行を良くしてくれるので血が全身に巡って健康・美容にとても良いです。

なんかだるい、という方やクマや顔色の悪さで困っている方にもおすすめですよ。

そしてしょうがだけでなく、実は紅茶も体を温める食品なんです。

緑茶など、お茶は本来カフェインの作用などで体を冷やしてしまうもの。

しかし、紅茶は茶葉を発酵させて作られます。

なので紅茶も味噌や納豆と同じ発酵食品。発酵食品は血流を良くし、体を温める効果があります。

体を温めるメリットは簡単に挙げるだけでも

代謝アップ・・・ダイエット効果、デトックス効果、だるさやむくみの改善
血行促進・・・肩や腰のコリ、めまいや頭痛、不眠、抑うつの改善
免疫力アップ・・・健康的な体へ

 こんなに!

その他の詳しい効果についてはこちらからどうぞ。
>>>【ズボラ向け】ゆる冷え取り、温活を始めてみようと思う。効果、やり方まとめ。

このように、しょうが紅茶はしょうがと紅茶のWパワーでより効率よく体を温めてくれる最高の飲み物なのです。

生より乾燥させたり加熱したものがより効果的

ここでちょっと注意。

生のしょうがをすりおろしたり、チューブのしょうがを使うより乾燥させたしょうがか熱を加えて使うことをおすすめします。

生のしょうがと乾燥させたり加熱させたしょうがでは効果が違うからです。

生のしょうがを使うのはもったいない

生のしょうがには主成分であるジンゲロールが多く含まれています。

生のしょうがを食べると独特のピリッとする辛味がありますよね、その辛さの正体がジンゲロールです。

ジンゲロールは血管を拡張させて血流をよくし、体の中心に留まっている熱を手足の末端にまで送ることによって体を温めます。

ですが、それによって体の表面や末端を温めることは出来ても逆に深部の体温を下げてしまうのです。

しょうがは漢方に使われることが多いのですが、中国の薬学書にも生のしょうがには「解熱作用がある」という記述が。

このように生のしょうがは一瞬の温め作用はあるのですが、残念ながらその後はすぐに冷えた体に元通り・・・。

乾燥または加熱するだけで驚く効果が得られる

しょうがを乾燥させたり加熱することで、ジンゲロールはショウガオールという成分に変化。

ショウガオールは胃腸を内側から刺激して血流を高めることによって、体の中に熱を作り出してくれます

ここが生のしょうがとの大きな違い。

生のしょうがは元々あった熱を全身に運ぶ役割しかなかったですよね。(その結果中心部が逆に冷える)

乾燥しょうがなら体の中心部に熱を作り出してくれるのです。

さらに血管を広げ血流を良くする作用もあるので、作り出した熱を全身に運び、体全体を温めます。

なので体の深部の熱を奪うことなく、長い時間かけてジワジワと体全体を温めることが出来るのです。

しかもその効果は長時間続くので、朝や夜の辛い冷えをじんわりと和らげてくれます。

ショウガオールは冷えの元である体内の余分な水分を汗や尿として排出する作用もあるので冷えの防止、むくみの解消にも役立ちますよ。

このように、同じしょうがでも生と乾燥ではまったくの別物

確かにチューブの生しょうがは手軽で便利ですが、効果がもったいないですよね。

出来るなら乾燥させたしょうがを使うか、加熱したしょうがを使うのがおすすめです。

しかし加熱させて成分をジンゲロールからショウガオールに変化させるには100度以下、80度程度で30分加熱し続ける必要があります

それに乾燥しょうがを自分で作るのも手間や時間がかかるのでちょっと大変。

なので私は手軽に使える粉末状の乾燥しょうがパウダーを使っています。

紅茶に溶けやすく、1回に使う量が少量で済むのでコスパ良くおすすめです(^^)

個人的な感覚ですが、やはり乾燥の方がチューブのものより断然効果があるように感じます。

ぽかぽかと体の芯から長くじんわり温まる感じです。


一日にどのくらいの量を飲めばいいの?

前回こちらの記事で紹介しました冷え取りのスペシャリストである石原結實先生は、しょうが紅茶の飲み方を1日5杯程度と紹介されています。

詳しい本の紹介はこちらの記事からどうぞ。
>>>私が本当におすすめしたい初心者向けの冷え取り本3冊をご紹介します。

ですが、私は砂糖の量が気になるのと胃が痛くなるので多くても1日3杯くらいに留めています。

それでも十分効果は感じますので、自分の体と相談して調整してみてくださいね。

私の作り方・レシピ

私が実際に毎日飲んでいるレシピを紹介します。

用意する材料

・ティーバックか茶葉
・お湯
・しょうがパウダー
・好みで黒砂糖とか蜂蜜など

作り方

①普通に紅茶を入れます。私はいつも簡単なティーバックです。

f:id:sd_marisuke:20161210150500j:plain

※耐熱グラスです。

結構消費するのでこういう100袋入りの安いタイプをいつも買っています。

今回たまたまいつものやつが売り切れててトップバリュのやつ買ったら薄くて全然美味しくなかった(;_;)大袋は慎重に・・・。

▼お湯を注いで1分ちょい、いい感じの色になってきたらティーバックを取り出します。

f:id:sd_marisuke:20161211212626j:plain

▼黒砂糖を入れます。私はティースプーン1.5杯。f:id:sd_marisuke:20161210150548j:plain

黒糖はミネラル豊富、血糖値が上がりにくく体をあまり冷やさないそう。

原材料のところに「加工黒糖」と書かれているのは精製されているのでNG。白砂糖とあまり変わりません。

▼粉末しょうが登場。

f:id:sd_marisuke:20161210150619j:plain

▼私はティースプーン1/2杯入れるんですけど・・・

f:id:sd_marisuke:20161210150628j:plain

普通の人なら辛くて飲めないかもしれません(´ `;)しょうが大好きなんで多めです。

通常は耳かき1杯分ほどで十分だそうです。

▼混ぜて完成~

f:id:sd_marisuke:20161210150638j:plain

しょうがが沈むので混ぜながら飲みます。

ピリっと美味しい~。

長く家にいるときは真空断熱タンブラーに2倍量で作ってちびちび飲んでいますよ。

関連記事>>>氷が溶けない、結露しない!「真空断熱タンブラー」がとっても便利。保冷力テストもしてみました。

長時間温かい状態を保つので冬でも大活躍、とても便利です。

職場にはサーモスの水筒に入れて持って行っています。

ミルクティーバージョンもおすすめ。

作り方>>>【温活】飲めばポカポカ温まる、チャイ風黒糖ジンジャーミルクティーの作り方!レンジで簡単レシピ

牛乳を入れることで胃への刺激が抑えられるので朝はこちらを飲むことが多いかな。

黒糖としょうがパウダーがもうすでに混ざった状態の商品もあります。

安く済むのともっとしょうが感を出したかったので今の「みらいのしょうが」を使うようになりましたが、最初はこちらを買っていました。

より手軽に作れるし、美味しかったです。

生姜が苦手な方はこちらがいいかもしれません。

しばらく続けてみての感想

2か月ちょい続けてみてどう変わったのかというのを挙げてみます。

顔色が良くなった

小さい頃から目の下のクマと顔色の悪さに悩まされていましたが、飲み始めて1ヶ月経った頃からよく「顔色が良くなった」と人に言われるようになりました。

クマも薄くなったし、頬にほんのり赤みが差すようになって本当に嬉しい。

むくみが取れてスッキリした

飲み始めてすぐの頃はトイレが近くなって困っていましたが、しばらくすると落ち着きました。

水たまってたのかな?

脚も少しですがすっきりして細くなりました(^^)

汗をかくようになった

犬の散歩が日課なのですが、しょうが紅茶を飲んでから歩くと汗がダバーっ!と出ます。

すっきりするしこれは痩せそう。

よく寝れるようになった

寝つきが悪くて寒い日は特に冷えて眠れず寝不足気味だったのですが、すっと寝れる日が多くなってきました。

特にあの手足が冷えて眠れないのって本当に辛いですよね・・・。

それが解消されただけでも涙が出るほど嬉しいです。

途中で目が覚める頻度も少なくなりました。

気になる点

空腹時に飲んだり生姜を入れすぎると胃が張ったりムカムカしたり、痛くなるときがありました。

飲みすぎも注意です。

あとはやはり砂糖が気になります。

何とかお砂糖なしで飲めるようになるか、せめて体を冷やさないと言われている甜菜糖に変えたいなー、と思います。

*追記*
甜菜糖に変えました。

>>>冷え性改善におすすめの甜菜(てんさい)糖。効果や特徴、他の砂糖との違いなど。

まとめ:しょうが紅茶で手軽に温活!

冷え取りをやってみて、体を温めることは本当に大切だと身に染みて感じます。

特に睡眠が改善されたことが大きく、以前より体調が良いです。

冷え取りの中でもしょうが紅茶はお手軽に出来るので続けやすいのでおすすめ。

これからも続けます(^^)

日常の水分補給にはノンカフェインのルイボスティーがおすすめ。

次の記事へ>>>冷え性対策に続けているルイボスティー*ノンカフェインであっさり美味しい奇跡の健康茶。