暮らし

DBK社のアイロンはシンプルで使いやすい!苦手な家事こそお気に入りの道具を。


個人的に苦手な家事ベスト3に入るほど苦手なアイロンがけ。

なかなかシワは伸びないし、力入れて疲れるし、かけている間もすぐランプがついて待たないといけないし・・・。とにかく面倒!

本当に憂鬱だったのですが、見た目にひとめぼれしてDBK社のアイロンを購入してからは苦手だったアイロンが楽しみに。

お気に入りの道具でテンションが上がるし、軽く滑らせるだけでシワがピシ!っと伸びるので気持ち良いです(^^)

ドイツ製DBK社のアイロン

次のアイロンはいろいろ調べてDBK社のものに決めました。ドイツ製です。

まず見た目にひとめぼれ!

こんなにかっこいいアイロンがあるのかと感動したほどです。

しかし値段が約5千円ほどでかなり悩みました。だって今まで使っていたアイロンの2倍以上するんですから・・・。

悩みに悩んでええい!と思い切って購入。

アイロンなんてそう何度も買い替えるものじゃないし、レビューで何十年も使い続けているという方を見かけたので。

結果、このアイロンにしてよかったと思います(^^)

見た目がおしゃれ

▼実物です。

ピカピカで、無駄な装飾がなくかっこいい。

質実剛健という言葉がぴったり合います。

これなら出しっぱなしでも大丈夫!むしろ眺めてはうっとりしています。

▼簡素なスイッチ。

水入れはタンクじゃなくて付属のカップを使ってそのまま注ぐタイプ。

取り外せないですが、先代のアイロンも取り外せないタイプだったのでこちらは特に問題なく。

あとは一応水の残量が見える小窓もついているのですが、小さく全体が見えないのでここだけは改善してほしいポイントですかね。

一応今は慣れて、持ったときの重さで残量が大体わかるようにはなりました。


パワー十分

コードがあるタイプは人生で初めて使うのですが、このアイロンは動きに合わせてコードが動くようになっているので邪魔になりません。

そして何よりパワーが違う。

熱が下がらなくて待ち時間なくスムーズにかけられるし、スチームも大量に出ます。

アイロン自体が1.5kgと重いので力を入れなくてもスイスイすべらせるだけでシワがぴしっと伸びます。

最初は今までのに比べて重いな~、と思ったけどこの重さが大切なんですね。

力を入れてかける必要もないし、何度も往復しなくていいので楽です(^^)

シルバーの部分全てが熱くなるのでやけどには注意。

おわりに

苦手だった家事も使う道具を変えただけでものもあるきっかけで大好きに。

特に休みの日、テレビを見ながらのんびりかけるのが好きです。

▼アイロン台はニトリ。

古いし足がぐらついてきているのでこちらも新調したいところ。平型タイプも気になっています。

それにしてもアイロン、やっぱりかっこいいですね。ほれぼれしちゃいます。

苦手なものは無理せず道具に頼るのもいい一つの手。

便利なのはもちろんですが、お気に入りを使うだけで気分が上がりますからね。

かっこいい見た目だけでなく性能も素晴らしいDBK社のアイロン、おすすめです(^^)

面倒な食器拭きにはすぐに拭けるリネンのクロスを。

次の記事へ⇒使い込むほど馴染む『foglinenwoek/フォグリネンワーク』のリネンキッチンクロス。