眠りにつくころ

シンプルライフとインテリア、ときどき犬。

眠りにつくころ

井上醤油店「井上古式じょうゆ」レビュー。歴史あるこだわりのお醤油、有力な候補キター!

スポンサーリンク

キレのあるタイプ

f:id:sd_marisuke:20170519104609j:plain

こんにちは。

おもち(@sd_marisuke)です。

 

この本をきっかけに間から始まったマイベストお醤油探し。

「おうちで給食ごはんー子どもが喜ぶ三つ星レシピ63」北海道置戸町の給食から学んだこと。

 

前回はこちら。

フンドーキン「吉野杉樽 天然醸造醤油」レビュー。やや甘めの味付けが好きな方におすすめ

 

そして次に購入したのが井上醤油店の「井上古式じょうゆ」です。

 

Amazonのお醤油部門第2位! 

無添加醤油の中では1位の人気醤油です。

 

これは期待大。

 

早速レビューしたいと思います(^^) 

醤油の条件

美味しいのは大前提として、、その他に求める条件はこちら。

・国産
無添加で体に優しい
・出来るだけ原料も国産のもの
・値段が高すぎない(1ヶ月500円くらいならいいな)
・甘くないすっきりタイプ←new!

 使っている他の調味料が甘いので、お醤油はキレのある辛口が良いと前回気付いたので新しく条件に加えました。 

 

「井上古式じょうゆ」の商品情報

今回購入したのはこちら。

とりあえず1番人気の900ml、私が購入したときは税込1,037円でした。

 

他のサイズとそれぞれの値段は360ml(572円)、720ml(912円)、1.8L(1500円)です。

 

大容量の一升瓶サイズがかなりお得。

 

それでもやっぱり普通の醤油よりはお高めですね。

 

元々トップバリュの1L138円のお醤油を使っていたので余計に高く感じます(^^;)

 

でもお高い調味料は味が全然違うんですよね~。

 

お醤油は特にそれが顕著で、前回かなり衝撃を受けました。

 

私は料理が苦手でシンプルな和食系ばかり作るので調味料の質が料理の味の良し悪しを決めるといっても過言ではないです。

 

美味しい調味料を使うだけで料理の腕がワンランクどころか何ランクもアップするので残念な料理の腕を助ける投資だと思ってます(´▽`)

 

まあ高いといっても調味料なので値段なんてたかが知れてますしね。

 

その分お菓子とか減らして調整すればオッケー。

 

▼ラベルが渋いです。

 f:id:sd_marisuke:20170519104550j:plain

高級感っ。

 

原材料はこちらから。

f:id:sd_marisuke:20170519104554j:plain

無添加で原材料は「大豆・小麦・食塩」のみ。

 

島根県を中心とした国産原料で作られているので安心・安全です。

 

醸造で使われているのも天然酵母のみ。

 

加熱処理を一切行わず、人の手を加えるのは最小限。昔ながらの製法で自然に任せてじっくりじっくり作られてるのです。

 

なんと江戸時代(!)から醤油蔵に住み続けている菌たちの力で作り上げられているので他ではまね出来ない唯一無二の味。

 

加えて大豆の量は一般の醤油の2割増し!

 

風味豊かなこだわりのお醤油です(^^)

 

サイズ感

900mlにしたけどちょっと大きいかな。

f:id:sd_marisuke:20170519104609j:plain

手の大きい私でも持ちにくい。

 

調整も難しいので小さいサイズを買うか、詰め替えた方がよさそうです。

 

何度か冷やっこが醤油浸しになってしまいました。

 

それに先程「一升瓶サイズがお得」と書きましたが、

 

公式HPに「開封したら冷蔵庫に入れて1ヶ月以内に使うべし」的なことが書かれているのでやはりあんまり大きいサイズは買わない方がいいかも。 

 

味の感想 

お醤油の色はこんな感じ。

f:id:sd_marisuke:20170519104603j:plain

 綺麗に透きとおった赤褐色です。

んー、普通?

 

粘度はほぼなくサラリとしたお醤油。

思ったより色は薄いかも。

 

 

さて、続いて料理に使った味の感想です。

 

今回は「冷奴、お刺身、根菜の煮物」に使ってみた感じをお伝えします。 

 

冷やっこ

f:id:sd_marisuke:20170520123856j:plain

※画像はイメージです

まずは味の違いがわかりやすい冷奴!

 

それに冷やっこはほぼ毎日食べるので相性は大事ですよ。

 

まずはひと口。

・・・うぉっほ!!!!

 

濃い(;_;)

いつものノリでかけたら濃すぎてむせました・・・。

 

別のでかけ直そう。

 

量はほんのちょろっと。 

かつお節が湿るくらいで。

再トライっ。

 

おおー!

うまーい!

 

こんな少しの量なのにお醤油の主張が凄い。

 

キリっと辛口ですが、角がなくちゃんとまとまっていてお上品な味。

 

先に塩味がガツンとくるので甘いお醤油が好きな人にはちょっとしょっぱく感じるかも。(塩分が多いわけではないですが)

 

キレッキレです。

なので本当に量は少しで十分。

 

あと香りがとても良いですね~。

淡白なお豆腐と相性抜群です。

 

いつも冷やっこだけはちょっと良い卓上醤油(自分比)で食べていたのですが、

(参考記事:手入れが面倒な醤油差しを断捨離。代わりに購入したもの

 

このお醤油でしばらく食べていて前のに戻したらもの足りなくなってしまいました(^^;)

  

前回のフンドーキンの醤油が 「華がありながらも自分は決して主張せず、ほほえみながら優しいオーラで包みこむゆるふわ系」なら、

 

こちらの井上醤油店の醤油は「ただそこにいるだけで華やかオーラを放ち一瞬にして人々の目を惹きつける絶世の美女系」といったところでしょうか。(例え・・・)

 

これは好みですね~。

 

私としては井上醤油店の方がキレがあって好みです。

 

お刺身

f:id:sd_marisuke:20170520130937j:plain

※画像はイメージです。

今回もまぐろ。

 

またまた量に注意。

べったりつけると醤油の味しかしません。

ほんのちょこっとね。

 

お刺身の味にも負けない華やかな風味、そしてキリっとした鋭さが合う。

 

個人的に辛口の醤油の方が刺身に合わせるにはいいのかな~と思います。

  

煮物のおかず(根菜)

f:id:sd_marisuke:20170524120124j:plain

 

コトコト長時間煮込む根菜の煮物ですが・・・

 

火を入れても風味が損なわれずに煮物がおいしいー(^^)

 

いつもより入れる量を減らしてみましたが、お醤油の味がしっかりします。(しょっぱいという訳ではないですよ~)

 

キレがあるので味がぼんやりせず引き締まって美味しいです。

 

まとまりもよくて◎

 

おわりに

さすが人気醤油!激安醤油との違いにひれ伏す勢いです。

 

それでもこだわりのお醤油がこのお値段、ありがたい。

 

しかも使うのが少量で済むのでコスパ良いんだな~。

 

料理は毎日しますが、2ヶ月使って半分弱残ってます。

f:id:sd_marisuke:20170519104559j:plain

次はもう少し小さいサイズを買おう。

 

きりっとした辛口でかなり好みの味!

 

特に冷やっことの相性は最高でもう前の激安醤油じゃ満足出来ない。

 

我が家は他の調味料を優しい味系統で揃えているのでこれくらい強い方がちょうど良いです。

 

お醤油なんてどれも同じで大差ないと思ってたけど全然違いますね~。それぞれに個性があって面白い。

 

目が飛び出るほどの高い醤油はやっぱり全然違うのだろうか。

 

試してみたい、お財布と相談しよ・・・。

 

もう今回のお醤油で決定しそうですが、いろいろ使い比べが楽しくなってきたのでもう少しお醤油探し続けようと思います。

 

やっぱりお醤油は味の要なのでこだわって慎重に選びたいですよね。

 

井上古式醤油、キレのある辛口タイプが好きな方におすすめです(^^)お試しあれ~

 

*こちらも合わせてどうぞ*

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。