眠りにつくころ

シンプルライフとインテリア、ときどき犬。

眠りにつくころ

合格を勝ち取れ!受験直前、どう過ごせばいいの?(当日編)

スポンサーリンク

いよいよ本番!受験当日の過ごし方

f:id:sd_marisuke:20160728094337j:plain

 

こんにちは。おもち(@sd_marisuke)です。

 


前日編に引き続き、今日は試験当日の注意点についてまとめようと思います。

 

今まで一生懸命努力しても、当日に失敗してしまったら全てが水の泡に・・・。自分の力を最大限発揮するためにも、当日は前日以上に気をつけたいものです。

とにかくリラックス!

当日は緊張と不安でガチガチですよね。ほどよい緊張は最高のパフォーマンスにつながりますが、過度な緊張状態では、本来の力を発揮出来ません。

 

「忘れ物をしない」「遅刻しない」はもちろんですが、当日は「リラックスすること」を意識しましょう。

 

試験開始3時間半前に起きる

人間の脳というのは、起きてから3時間経たないと目覚めないらしいです。あんまり早く起きすぎても途中で眠くなるので、「試験開始3時間半前」がベストかと思います。

 

例えば9時開始の試験なら5時半起床、といった具合に試験開始時間から逆算して起床時間を決めましょう。

 

出来れば、リズムに慣れるために1ヶ月前からその時間に起きるように習慣づけるといいですね。

 

朝食、弁当はいつも食べているもの

f:id:sd_marisuke:20160728101022j:plain

前日編でも述べましたが、食事に関しては「いつも食べているもの、あっさり系のもの」をおすすめします。

 

弟の大学受験のときにはりきって前日に「とんかつ」、当日朝から「カツカレー」を出して失敗した私。

 

弟はお腹が痛くて休み時間のたびにトイレに駆け込まなくてはいけなかったらしい。無事合格出来たのですが、今でもチクリと言われます。本当にごめん(^^;)

 

あとよく「バナナ」がおすすめされていますが、普段食べる習慣のない人は無理して食べる必要ないと思います。バナナはお腹がゆるくなる人も結構いるので。

 

朝食を食べない人は、1ヶ月前から食べる習慣をつけた方がいいと思います。やはり何か食べないと、頭が回りませんから。

 

シリアルなら準備も簡単なのでおすすめです。

 

お弁当が必要なら、食べ慣れているものを。いつも以上に弁当が傷まないような工夫をしっかりと。

 

私は「万が一、弁当が傷んでいたら・・・」と心配なのでいつもコンビニのおにぎりにしています。家庭より衛生面はしっかり管理されているかな、と思うので。

 

食べ過ぎると午後の試験で眠くなるので軽めに。

 

忘れものがないか再度チェック

前日につくったリストにチェックを入れながら、再度忘れ物がないか確認しましょう。

 

会場には余裕を持って早めに到着しておく

f:id:sd_marisuke:20160727100857j:plain

何があるかわからないので、会場には余裕を持って30分~1時間前には到着しておきましょう。

 

ギリギリで焦って到着するとその気持ちを試験中までひきずる恐れがありますから。

 

早く到着しておくと、会場の雰囲気に慣れてリラックスすることが出来ますよ。

 

時間に余裕があるなら10分程度の散歩もおすすめ。頭が冴えてきます。

 

ちゃんと着けるか不安な人や自信がない人は、前日までに会場の下見をしておきましょう。

 

緊張しているときは普段考えられないような失敗をしますから、準備は入念に。大学の入学式でなぜか近くの別の大学に着いてしまい、途中まで気づかず参加してた私がここにいます。

 

友だちと待ち合わせをしない

トラブルにつながるので友だちと待ち合わせするのは避けた方がいいと思います。

 

ちゃんと会場に行けるか心配、一人は心細い、とどうしても友人と待ち合わせして一緒に行きたいのなら、「集合時間5分過ぎたら先に行く」などとどちらかが遅れた場合の約束事を事前にしっかりと決めておきましょう。

 

当たり前ですが、試験に「遅刻」は厳禁!

 

きちんと約束しておかないと、当日もし遅れた場合どうすればいいのかわからなくなります。また、すれ違いが起きて「お前のせいで遅れた!試験がだめになった!」と責められる場合もあるのできちんと約束しておきましょうね。(このトラブル、実際に何度か見たことがあります)

 

もし相手が遅れてきても待たない!

 

自分の席を確認

会場に到着したらまず自分の席を確認しましょう。

 

トイレの場所も確認。

 

最後の見直しは軽く

席に着いたら前日の過ごし方と一緒で、最後の見直しは「今までの復習を軽く」行いましょう。

 

広く全体をまんべんなく!新しいことは混乱するので避けましょう。

 

最終確認をして、静かに待つ

f:id:sd_marisuke:20160728112319j:plain

いよいよ試験が迫ってきたら、筆記用具などの最終チェックを。

 

待ち時間は騒がずに、静かに待ちましょう。

 

友だちが同じ教室にいるからって大騒ぎして試験管に怒られたり、これが原因で落とされた人もいますから。

 

「待ち時間も見られている」ということを意識しましょう。それ以前に他の受験者に迷惑ですし。

 

あと、トイレは早めに行っておきましょう。試験前の時間は混む場合が多いです。

 

1分前には全てをしまって落ち着く

f:id:sd_marisuke:20160728111948j:plain

これは私がずっと実践していること。最後の1秒、ギリギリまで見直していたい!という気持ちはわかりますが、テンパったまま試験を解くと気持ちが焦って変なミスにつながります。

 

1分前には参考書をしまって、目をつぶって深呼吸、「大丈夫!リラックス!出来る!」と前向きな気持ちで落ち着く時間に充てるのがおすすめ。

 

他の受験者の様子を見てみると同じく緊張していたりテンパってたりしているので、それを見て冷静になれます。

 

リラックス、リラックス。

 

あとは時間配分に注意しながら問題文をしっかりと読み、集中して試験に臨むのみ!余った時間は見直しにあてて、ケアレスミスがないように。

 

受験生を支える方へ

f:id:sd_marisuke:20160728104852j:plain

いくつか注意点、やっておいた方がいいことを。

 

手紙を渡さない

これやりがちですよね。

 

学生時代、塾の先生から「試験直前に読むように」と応援の手紙をもらったのですが、感動しすぎて大号泣してしまいました。涙が止まらないし試験中もこみあげてきてしまって大変でした。

 

あとは試験前はピリピリしていて書いた側はそんなつもりないけれど、どんな言葉でひっかかるかわかりません。

 

受験生はとにかく心を揺らさない、平常心を保つことに必死なので温かく見守るだけに徹しましょう。嬉しいんですけどね。

 

見送るときはいつも通りの態度、前向きな言葉で見送る

受験生は緊張と不安でガチガチ、ブルブル。

 

せめて見送る側はいつも通りでいましょう。それを見て落ち着くかもしれませんし。

 

送り出すときは笑顔!「大丈夫だよ、リラックスね~」と前向きな言葉をかけてくれるとありがたいです。ポジティブな気持ちはいい結果につながりやすいですからね(^^)

 

「終わったあとおいしいもの食べに行こうね」など、ご褒美系も嬉しい。私はいつも終わった後の焼肉を楽しみに試験頑張っています。食いしん坊には効果的。

 

ハグなどスキンシップを

出来るならハグなどのスキンシップを!

 

ハグ30秒で1日のストレスの約1/3を解消することが出来るそうですから、緊張している受験生にはもってこいですね。

 

不安が和らぎ、安心感が得られます。

 

まとめ

1、試験開始3時間半前に起きる

2、食事は食べ慣れているものを軽く

3、忘れ物がないか再度チェック

4、会場には余裕を持って早めに到着しておく

5、待ち合わせする場合はトラブルが起きたときの行動を決め、約束しておく。

6、トイレを済ませておく

7、試験前は落ち着いて、リラックス

8、見送る側はいつも通りの態度で

9、明るい雰囲気、前向きな言葉で見送る

10、ハグは不安を和らげ、緊張を抑えるのに効果的

 

私ももうすぐ大切な試験があります。今ままで頑張ってきた努力が報われるように、前日、当日の過ごし方に気をつけて頑張りたいと思います。

 

ここまで頑張ってきたんだから、大丈夫!

 

試験中、自分を支えてくれるのは「今まで頑張ってきたんだ」という自信だけです。そのためにも日ごろの勉強をしっかりせねば。

 

それでは世の受験生やそれを支えるみなさん、合格を勝ち取りましょう(^^)v

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。