読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りにつくころ

シンプルライフとインテリア、ときどき犬。

眠りにつくころ

合格を勝ち取れ!受験直前、どう過ごせばいいの?(前日編)

スポンサーリンク

受験前日の過ごし方。

f:id:sd_marisuke:20160725101531j:plain

 

こんにちは。おもち(@sd_marisuke)です。

 

仕事に関しての大切な試験が間近に迫っています。はわわわわ。

 

高校入試、大学受験、就職試験、資格試験・・・学生はもちろん、大人になってからも外したくない大事な試験というものは結構ありますね。

 

前日は落ち着かなくてそわそわ・・・。当日でベストを尽くすためにも、前日の過ごし方はとても大切です。今日は受験前日の過ごし方について、注意点をまとめたいと思います。

 

受験する本人はもちろん、受験生を支える家族もいろいろと悩みますよね。何か参考になれば嬉しいです。 

とにかく体調管理に気をつける

受験前日で一番重要なことは、とにかく「体調管理」です。

 

眠れなくて当日頭が働かない、体調を崩してしまった・・・なんてことになったら自分の力を十分に発揮することが出来ません。

 

ポイントは「いつも通り」過ごすこと!変にはりきってリズムを崩すより、いつも通り過ごすことをおすすめします。

 

朝早く起きて、昼寝はしない

f:id:sd_marisuke:20160727100857j:plain

前日がもしお休みだとしても、昼近くまで寝るのはおすすめしないです。いつも通り、学校や仕事で起きる時間に起床するのがいいと思います。

 

リズムを崩してしまうと、夜思ったように眠れない、ということにつながります。

 

同じ理由で、もし昼間眠くてもがっつり昼寝するのは避けましょう。しても15分。学校にいるときも職場にいるときも普通は1時間以上も昼寝しないですよね。

 

ただでさえ前日は緊張してうまく眠れないことが多いのです。少しでも眠りの妨げになるようなことは避けるべし。

 

勉強は軽めに

しなくてもいいくらいだと思いますが、全く何もやらないと逆に落ち着かなくなったり、気持ちが途切れたりしちゃいますよね。

 

新しいことを覚えようとせず、今までやった勉強の復習をさらっとやるくらいでいいと思います。

 

また、不安になりやすいタイプの人は過去問を解いて点数を出したりしない!(私です)もし低い点数が出てしまうと落ち込んで不安になってしまうから。

 

不安な気持ちは点数ダウンにつながります。

 

今までやってきた勉強をやって落ち着きましょう。

 

勉強はなるべく自宅で行う

外に出ると思わぬ事故に遭ったり、風邪など病気をもらうこともあります。

 

気にしすぎかもしれませんが、万が一を考えて少しでもリスクを減らしましょう。

 

あとは塾や図書館などで勉強するとどうしてもがっつり勉強したくなってしまいますよね。 それを防ぐためにも自宅など、リラックスできる環境にいるというのをおすすめします。

 

夕食はあっさりした軽めのものを

f:id:sd_marisuke:20160727100023j:plain

夕食は野菜中心のあっさりしたものを!前日は気合が入ったメニューにしがちですが、油っこい食べ物は胃もたれしたり、お腹を壊す可能性があります。

 

「勝負に勝つためにとんかつ!」「かつカレー」「かつ丼」など高カロリーの食事はあんまりおすすめしないですね。

 

というのも弟の大学受験のとき、私が張り切って夕飯にとんかつ、朝食にかつカレーを出したもんだから、弟は当日お腹が痛くて大変だったそうです(*_*)

 

合格したからよかったものの、これで落ちてたら一生恨まれてたことでしょう・・・本当に申し訳ない。

 

消化の良い食べ物を軽めに食べて、体に負担をかけないようにしましょう。

 

忘れ物がないか確認

 当日慌てないように、前日で準備しておけるものは準備しておきましょう。

 

リストを作っておくのもいいですね。リストを作っておけば、当日にしか準備出来ない持ち物の忘れ物を防ぐことが出来ます。

 

寝る前にテレビを見たりスマホをいじったりしない

先程も述べましたが、一番避けたいのが「寝不足」。

 

寝る直前にテレビを見たり友人とLINEなどでスマホをいじると頭が冴えて眠れなくなります。

 

出来ればゆっくりお風呂に浸かって、早めにお布団に入りましょう。

 

いつもより少しだけ早く寝る

f:id:sd_marisuke:20160727100203j:plain

緊張で眠りづらいと思うので、それも考慮していつもより少しだけ早めに寝ましょう。

 

あんまり早く寝てしまうと変な時間に起きてしまうかもしれないので、「少しだけ早め」というのがポイント。

 

ちなみに起床時間は「試験開始時間の3時間半前」「睡眠時間は7時間半」がおすすめです。逆算して寝る時間を決めましょう。

 

受験日の1ヶ月くらい前からその生活リズムを実践して慣れるのがいいですね。

 

どうしても眠れないときは、ホットミルクやカモミールティーを飲むのがおすすめ。温かい飲み物を飲むとリラックス出来ますし、眠りやすくなります。コーヒーや紅茶はカフェインが入っているので避けます。

 

不安な気持ちは誰かに話す

試験前日はとにかく不安ですよね。みんなそうです。

 

不安な気持ちは誰かに話しちゃいましょう!恥ずかしい、とか言ってる場合じゃないです。話すだけでかなり楽になりますよ。

 

相手がいなかったらペットでもぬいぐるみでも何でもいいです。私は犬に話しています。(たぶん聞いてる・・・はず)話すことが大事。

 

f:id:sd_marisuke:20160707112438j:plain

犬「 頑張りたまえ。」

 

受験生を支える方へ

よく 「明日大丈夫かな?」「受かるかな?」「落ちるかも・・・」などと聞かれると思いますが、「大丈夫!」「受かる!」「何とかなる!」「いっぱい勉強したんだから大丈夫だよ」と前向きな言葉で励ましてください。

 

下手にアドバイスはしない方がいいと思います。とにかく話を聞いてあげること。不安な気持ちを話すだけで、だいぶ気持ちが楽になると思います。

 

気持ちを上手に話せない人もいるので、暗い顔をしていたら「不安?」などと声をかけて話を聞いてあげてください。(無理強いは禁物)

 

ただでさえ本人は不安で仕方がないので、支える側は笑顔で!明るい気持ちはいい結果につながりやすいです(^^)

 

まとめ

1、朝早く起きて昼寝はしない

2、勉強は自宅で軽めに行う

3、新しいことはやらない

4、食事はあっさりメニューで

5、明日の準備はしっかりと

6、いつもより少しだけ早く寝る

7、不安な気持ちは話す

 

とにかく前日は勉強よりも体調管理!特に睡眠。体調を整えるために、ゆっくりと体を休めましょう(^^)

 

次はいよいよ当日編。

 

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。