読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りにつくころ

シンプルライフとインテリア、ときどき犬。

眠りにつくころ

いきなりの「なんで」「どうして」思考はもうやめようと思う。

スポンサーリンク

「Why思考」と「How思考」

f:id:sd_marisuke:20160715114352j:plain

 

こんにちは。おもち(@sd_marisuke)です。

 

以前書いた「マイナス思考を治す!練習してマイナス思考から抜け出した方法」という記事で触れましたが、誰しも考え方の癖というものがあると思います。

 

最近またやめた方がいいな、と思う自分の考え方の癖に気づきました。「なんだ、そんなこと」と思われるかもしれませんが、自分にとっては大発見だったのです。

 はじめに

その考え方の癖というのは、何か問題が起こったときに反射的に「どうして」と原因を探るところから入る、というものです。

 

私はそれが当たり前だったし、それについて何とも思っていませんでした。

 

しかし職場でのある出来事がきっかけで、自分のこのよくない癖に気が付いたのです。

 

きっかけ 

ある日出勤すると、職場の入り口で休憩していた上司とまず会いました。そこで急に

 

「おもち君、今日は集中できないかもね~」

 

と言われたのです。「何かあったんですか?」と聞いても「まあデスク行ってごらんよ」とニヤニヤしながら言うだけ。

 

首をかしげながら自分のデスクに向かうと、すぐにその言葉の意味がわかりました。

 

私のデスクと向かい合わせにAさんという方がいるのですが、遅番のはずなのにもうすでに出勤していました。

 

そして彼のデスクに何やら「お祈りセット」が組まれていて、さらにクリスタルらしきものが散りばめられていました。

 

ただしその材料は100均のもの。(立てられている造草にタグついたまま)

マジなのか?ネタなのか?

 

そして彼は両手を広げ、目を閉じ、軽く上を向いて何やらお祈りをしているようでした。

 

怖い、怖すぎる。

 

イメージ図

f:id:sd_marisuke:20160715101441j:plain

圧倒的絵の下手さはご勘弁ください。

 

ねえ、いったい何のパワーを受けとっているの。

 

f:id:sd_marisuke:20160715113520j:plain

 神様助けて。

 

ちなみにAさんは以前つぶやいた人と同一人物。

 

休憩時とかにプラナリア切断してるので絶賛増殖中。やめて、まじやめて。全国のプラナリアファンの方ごめんなさい。

 

とりあえず、お祈り中のところ申し訳ないんですけど、つっこみ待ちかと思って「何してるんですか?」と声をかけてみました。返ってきた返事は

 

「ヨガです。」

 

そしてまた目を閉じお祈りを始めるAさん。

 

f:id:sd_marisuke:20160715093612j:plain

画像元:デスノート 5巻

 

私の知ってるヨガじゃない・・・!

 

「なんでAさんはお祈りなんか・・・」

 

駄目だ、わかる気がしない。考えるだけ無駄だ。

 

私が考えるべきは「どうやって」この状況を打開することかだ。

 

ここで、そういえばいつも「どうして」「なんで」から考えてるなー、と気付きました。

 

もしかして時間の無駄だったのかも・・・。

 

考えることは他にある

「どうやって」を考える過程で「どうして」と原因を探ることはもちろん大切です。

 

しかし、いきなり反射的に「どうして」「なんで」と考えるのはあまり良くないな、と思いました。

 

人の一生には時間の限りがあります。日常の些細なこと全てにいちいち「なんで」と考えていては時間がいくらあっても足りません。私は哲学者ではないのです。

 

それよりも先に「どうやって」と解決方法を探す方が問題が早く解決するし、悩み苦しむ時間も短くて済みます。

 

人生において考えなきゃいけない大切ことはたくさんあるので、そちらに時間をかけた方がよっぽどいいです。

 

「Why思考」は負の感情につながりやすい

私の場合、「どうして」と考えるときはどうしても感情が揺れやすいです。

 

「どうしてそんなこと言われるのだろう」

「どうして約束を守らないの」

 

このような「Why思考」は考えていくうちにどうしても怒りや悲しみといった負の感情につながりやすいです。

 

よく親が子どもに言うセリフもそうですよね。

「どうして宿題やらないの!」

「どうして部屋を散らかすの!」

 

問題は「宿題やらないこと」「部屋を散らかすこと」なのに、こうなってしまうともう冷静な思考をするのは無理な話で、「いつもいつも!あの時も!」と余計な問題まで持ち出してしまって混乱してしまいます。問題解決どころの話ではありません。

 

「どうやったら宿題をやるようになるだろうか」

「どうやったら片付けやすいだろうか」

 

という「How思考」で考える方が、問題解決のみに意識が集中しやすいので感情も揺れず、冷静な判断が出来ます。

 

最後に

こんな単純なことですが、以前に比べてうじうじ悩む時間が減って楽になりました。

 

Aさん問題はとりあえずデスクを移動させて避難&上司になんとかしてもらうようお願い。Aさんと一緒に仕事をすることはないのでこれでストレスは受けなくて済むかな(-ω-)

 

別の問題が出てきたらそのとき対処することにします。

 

 こちらの記事も合わせてどうぞ。

 

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。