眠りにつくころ

シンプルライフとインテリア、ときどき犬。

眠りにつくころ

ズボラでも意志が弱くても!「お楽しみ積立」のすすめ。

スポンサーリンク

自分へのご褒美、どこから出してる?

f:id:sd_marisuke:20160708102428j:plain

こんにちは。おもち(@sd_marisuke)です。

 

「ちょっといい靴買いたいな」「パソコン買い替えたいな」といったいわゆる「自分へのご褒美」ってみなさんどこから捻出しているのでしょうか。貯金?ボーナス?

 

ボーナスはないし(涙)、貯蓄用の口座から下ろすとズルズルと使ってしまう。そんな意志の弱い私が実践しているのが銀行の「自動積立」。

 

1000円からの少額で始められて、ほったらかしで貯まっていくのでズボラさんにぴったりです。普通の貯金でもこの方法はおすすめですよ。

きっかけ

この記事でもわかるように、私は意志が弱く、お金を貯めるのが苦手。せっかく予算を立てても誘惑に勝てずついつい使い過ぎてしまう・・・。

 

特に「数千円~2万」くらいのもの。高いな~、とは思うのですが手が届く金額なので「自分へのご褒美だー!」なんて言い訳してえいっ!と買ってしまう。ご褒美何回あんねん・・・あとご褒美もらえるほど頑張ってない・・・。

 

んで気づけば何万単位で使っていまい、月末ピーピー&貯金額も減る。

 

「これじゃいつまでたっても貯まらない!」と焦って貯金法をいろいろ調べて試し、たどり着いたのがこの「お楽しみ積立」方式。

 

銀行の「自動積立」を利用して、毎月決まった金額がほったらかしで貯まっていく仕組み。

 

手続きも簡単だし、貯蓄用口座とは別なので貯金に手をつけることもなくなりました。

 

自動積立って?

f:id:sd_marisuke:20160708125142j:plain

銀行が提供しているシステム。「自動積立定期貯金」「自動積立定期預金」など銀行によって名前が違うので銀行員の方に聞いてみるといいと思います。

 

申し込みは簡単。自動積立は「定期預金」扱いですが、普通の口座開設とほとんど変わらないです。

 

銀行によっては窓口に行かなくても、郵送やネットで申し込めるそうですよ。

 

毎月、最初に設定した金額が普通口座から引き落とされ、積立用の口座に貯まっていきます。引き落としの日付も自分で設定できます。

  

「ほったらかし」にするために、引き落とし用口座は給与が振り込まれる口座に指定し、引き落とし日を給料日に設定するのをおすすめします。

 

こちらが引き出そうとする頃にはもうお金が移動している状態だし、お金の入れ忘れも防げます。

 

別の口座にしちゃうといちいち預け入れに行かないといけませんから。

 

このように一度申し込めば、忘れていても、ほったらかしで勝手に貯まっていくのでほんと楽。

 

通帳があるのでATMでの預け入れは出来ます。なのでお金に余裕がある月はお金の追加も可能。

 

お金の引き出しは窓口のみ。ATMだったらついつい引き出しちゃうけど、窓口でしか引き出せないのでめんどくて引き出さなくなります。

 

むしろズボラこそ向いているのかも('_')

 

私は特に期間は設定していませんが、「半年」「1年」「5年」など期間が設定でき、それによって金利も変わってくるそう。

 

長いほど金利は高くなりますが、途中で解約できないのがデメリット。

 

「結婚式」「旅行」など何か目標がある方は期間設定するのも、モチベーションが上がっていいですね。

 

ちなみに、会社の給料から天引きされる「財形積立」という制度もありますが、勤務先を通しているので引き出しにくいという面も。

 

なので、「お楽しみ積立」にはやはり普段使っている銀行の自動積立を利用するのがおすすめです。

 

設定例

1000円からと少額から出来るのも嬉しい。定期預金は何百万から、というイメージでした。

 

最初は無理のない金額から始めるのがいいですね。私はとりあえず「5000円」にしました。目標金額を決めて、逆算するのもいいと思います。

 

▼簡単な表にしてみました。

f:id:sd_marisuke:20160708121112p:plain

私は半年で3万、1年で6万コース。

 

半年って意外にあっという間。今7月なので、お正月に欲しいな~と思っていた3万円のものがもう買える。

  

懐具合に合わせて設定額を選べるのはいいですね。

 

余談ですが、1年で100万貯めるには、毎月9万円の貯金が必要なんですね。きっつ(´Д`)稼ぐぞ~

 

積立額は後から変更も出来るので、環境が変わって苦しくなったら額を減らすことも出来ますよ。

 

「継続は力なり」!とにかく続けることが大事。

 

「お楽しみ積立」で買ったもの

 私が実際にお楽しみ積立で買ったもの。

 

▼ずっと欲しかった無印テレビ台。

 

▼パソコンもすぐ買い替えられた。

 

▼お気に入りが壊れてもすぐ対応できる。

 


 

▼あと欲しかったもの

 


次、何買おうか悩む時間も楽しい(^^)

 

意外な効果

お楽しみ積立を始めてから、前みたいにあれこれいろいろ欲しいと思わなくなりました。

 

本当に欲しいものを考えるようになったし、「次これ買うから」と他のものをあんまり欲しいと思わない。

こちらの記事でも書きましたが、「手に入らない」って思うから余計に欲しくなるし、「絶対欲しい!必要!」って錯覚しちゃうのかなー、と。

 

最後に

 あらかじめ決まった金額を設定し別枠でとっておくことで、節約につながりました。

 

今までの予算から毎月5千円出費が増えましたが、結果的に貯金額は以前に比べ確実に増えています。

 

以前は毎月5千円以上使いすぎてたってことですよね。恐ろしや。

 

使う金額は減っているのに、我慢している感じはないです。「手に入る」ってわかってるから。

 

普通の貯金もこの方法に変えようと思っています。

 

いろいろ試してみて意志の弱い自分には、やはり「先取り貯金」が一番合っていると思いますね。手元にあるとすぐ使ってしまう。

 

その中でも特に楽な「自動積立」、かなりおすすめです(^^)

 

この作者のお金の使い方、私そっくり。笑

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。