読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠りにつくころ

今日もいい日だったと思えるように。不器用なりに日々の生活を工夫して暮らすブログ。

怒った顔は損をする!原因と改善法。

考え方・思うこと
スポンサーリンク

無意識に怒ったような表情をしていませんか

f:id:sd_marisuke:20160602114401j:image

こんにちは。おもち(@sd_marisuke)です。

 

これは彼が書いた私の似顔絵。愛がないですね。

  

私はよく「怒ってる?」と聞かれます。全然怒っていないのですが、表情が不機嫌そうに見えるそうです。これがずっとコンプレックスでした。

 

聞いてくれる分にはラッキーな方で、気付かぬうちに嫌な空気が流れたりトラブルに巻き込まれることも。私は女でよかったですが男性ならケンカふっかけられたりしそう。

 

今回はそんな自分を変える為にもなぜ怒った顔になってしまうのか、その原因と対処法について考えていきたいと思います。

怒り顔は損してばかり

普通のときの表情が怒っているように見えるのですが、思い出してみれば損してばかり。

 

いろいろ言い訳したいところですが、他人からそんなの分からないですものね。

 

たまにちょっといいことをすると不良が捨て犬拾う理論で「ものすごくいい人」と思われて得した気になるんですけど、化けの皮はすぐはがれるし損してることを考えれば一瞬で消し飛ぶレベル。

 

第一印象が悪い

怒った顔で印象がいいわけありませんよね。

 

面接でも仕事でも人付き合いでも確実に不利です。

 

いらぬトラブルを生む

怒った顔だと同じセリフでもきつく聞こえてしまったり、誤解を与えてしまうことも。

 

相手を怒らせてしまったとき、こちらも怒った顔をしていてはますます状況が悪化してしまいます。

 

体調が悪いときも怒ってると思われます。嫌な空気が流れているのはわかっているのですが、具合が悪いので弁解できず。これは辛い。

 

周囲への迷惑

自分への戒めも含めてはっきり言います。怒った顔は人を不快にさせる表情です。

 

怒ったような表情を見ていい気分になる人はいないですよね。

 

怒った顔は怖い顔です。周囲の人に「怒らせてしまったかな?」「何かしたかな?」といらぬ心労を掛けている可能性大。自分の価値も落とします。

 

エネルギーを余分に使う

第一印象が悪いのでこちらから働きかけなければ人と仲良くなるのが難しいです。

 

より明るく、より積極的に人と関わらなくてはいけなくなります。

 

本当に新学期などの新しい環境が憂鬱でしたね。(遠い目)

 

ほんわか系の友人は黙ってそこにいるだけでバンバン話しかけられるのでうらやましかったです。

 

怒った顔の原因

f:id:sd_marisuke:20160603100312j:plain

 

私が考える怒った顔をつくる原因

1、目が細い、もしくは目を細めている

2、つり目

3、眉間にシワを寄せるクセがある

4、眉毛が薄い、または上がっている

5.口角が下がっている、への字口

6、目線を下にやりがち

7、体を動かさずに目だけでものを見るクセがある

 

頭に浮かぶのはこんな感じ。私も条件ほぼコンプリート。

 

対処法

怒り顔のデメリットを書いていてこれは一刻も早く改善しなければ!と思いました。恐ろしや。もっと早く気付くべきでした。

 

生まれつきのもの

目が細い、つり目、眉毛が上がってる、薄いという生まれ持ったパーツはどうしようもないと思いましたが、これらはあまり重要ではないかと思います。

 

メイクでなんとかなりますし、目が細くてもつり目でも優しい表情の人はいっぱいいるからです。

 

表情に気をつければ怒った顔は改善されるはず。

 

表情のクセ

顔の表情は筋肉でつくられます。怒った顔を続ければその顔が地顔として固定されてしまいます。

 

私の夢は縁側で猫をなでていそうな優しいおばあちゃんになることなのでそれでは困ります。

 

「眉間にシワを寄せる」「目を細める」「目だけでものを見る」「目線を下ばかりにやる」というのは意識して今すぐ直せます。

 

「眉間にシワを寄せる」、いわゆる「しかめっ面」は特に怒った怖い顔をつくる原因ですね。続ければ本当にシワとなって固定されてしまいます。

 

「目だけでものを見る」クセは運転免許を取るとき教官に指摘されて気付きました。

 

目だけで見るとどうしても「ギョロッ」「ジロリ」とにらんでいるように見えてしまいます。

 

f:id:sd_marisuke:20160603094553j:plain

 じろりんちょ。

 

これも体ごと動かすように意識しようと思います。

 

習慣になればきっと表情が柔らかくなるはず。

 

楽しいことをなるべく考える

意識せず撮られた写真の中に怒った顔じゃない私が写っていることがあります。

 

楽しいときです。

 

楽しいことを考えているときは自然と口角が上がって表情も柔らかいです。

 

これはいい人そうだ!(自分比)

 

歩いているときも無意識に怖い顔になっているそうなので楽しいことを考えながら歩きたいです。

 

でもうっかりすると流れ星のひじ神様のコントが流れ始めるのでニタニタしないように注意せねば。は~ありがたや~ありがたや~

 

笑顔のくせを

f:id:sd_marisuke:20160603094025j:plain

表情は筋肉でつくられるので笑顔でいることが多ければ、もちろん笑顔をつくる表情筋が発達して笑った顔を作りやすくなります。

 

これ言うといつも引かれるのですが、私は友人と会ったりして笑う時間が増えるとだんだん頬のあたりが筋肉が痛くなります。

 

笑顔筋が筋肉痛。普段どんだけ笑顔がないんだっていう。反省

 

写真撮るときも、自分では笑顔をつくっているつもりでも実際見ると真顔なんですよね。笑顔筋がだいぶ衰退しているようです。

 

笑うことは健康にもいいそうなので、たくさん笑おう!

 

まとめ

怒った表情をつくらない、固定化しないために

・怒った顔をつくる表情をしていないか意識する

・楽しいことを考える

・たくさん笑う

 を習慣化しようと思います。脱、怖そうな人!

 

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。