眠りにつくころ

シンプルライフとインテリア、ときどき犬。

眠りにつくころ

リサイクルショップで服を買うときに私が気をつけていること4つ

スポンサーリンク

リサイクルショップでの買い方

f:id:sd_marisuke:20160522230601j:plain

こんにちは。おもち(@sd_marisuke)です。

 

私は服をリサイクルショップでよく買います。持っている服の数は少なく、前の年に着倒して処分した分を買い足す感じです。

 

リサイクルショップの服は数百円ととにかく安い!慣れるとユニクロさえ高く感じます。笑

 

でもその安さゆえに買いすぎたり、状態が悪いものや着ないものを買ったり。

 

今回の内容はリサイクルショップを利用する際に失敗しないように、私が気をつけていることについてです。

 最近購入した服

f:id:sd_marisuke:20160629110229j:plain

花柄のかわいいワンピースと白いレースのボレロ。涼しくこれからの暑い季節にぴったり。ワンピース500円、ボレロ300円の計800円でした。激安。どちらも新品同様です。

 

買う服を決めていく

私はいつも何を買うか決めてから行きます。買いすぎ防止と長居しすぎないようにするためです。

 

リサイクルショップには大量の商品があります。何も考えないでブラブラしていると2、3時間なんてあっという間。

 

余分なものまで買っちゃった上に、帰る頃にはどっと疲れて「今日は何もしたくない、家事は適当にしよう・・・」なんてことにならないよう、事前に何を探すかを決めます。

 

状態をよく見る

リサイクルショップの服はどれも「いらない」と判断されて売られたものですよね。

 

その理由が「似合わないから」「飽きたから」だったらいいんですけど、「黄ばんでる」「シミが」だったりする場合もあります。

 

なので買う前に入念にチェック!全体を見てヨレヨレになっていないか、服の裏や裾など見えづらい所も見てシミやほつれがないかチェックします。

 

あとは素材。レーヨンとかのテロテロした素材はシワにならず劣化もしにくく長持ちするのでよく買います。

 

ちゃんと試着する

普通に服を買うときと一緒です。

 

せまい、太って見える、色が似合ってない、丈が長すぎる・・・などなど着てみないとわからないことはいっぱい。

 

安いからいいや、と試着をしないのは失敗のもと。

 

定価でも欲しいと思うか

 安いからとあれも、これも、と買いがち。

 

「今買おうとしている服がもし数千円でも欲しいと思うか?」

 

この条件を満たさない服は購入しません。どんなに安くても必要のない服は無駄になります。もったいない。

 

まとめ

  1. 買うものを決めて行く
  2. 商品の状態をチェックする
  3. ちゃんと試着する
  4. 定価でも欲しいか考える

 

最近のリサイクルショップはきれいだし種類もたくさん!この4点に気をつければとってもお得にお買い物できますよ。

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。