眠りにつくころ

シンプルライフとインテリア、ときどき犬。

眠りにつくころ

ズボラ向け!観葉植物は透明容器でハイドロカルチャーがおすすめ。

スポンサーリンク

f:id:sd_marisuke:20160611174536j:plain

こんにちは。

おもち(@sd_marisuke)です。

 

お部屋に観葉植物があるとぐっとおしゃれで明るくなりますよね。

 

でも私は水やりを忘れるなど植物のお世話がとっても苦手。

 

虫が大嫌いなので土を部屋の中に持ち込むのも避けたいです。

 

私と同じような方にぜひおすすめしたいのがハイドロカルチャー水耕栽培)です!

 

さらに透明容器で行うことがズボラでも植物を枯らさないコツですよ(^^)

ハイドロカルチャーとは?

ハイドロカルチャー水耕栽培の一種で、土は使わず代わりにハイドロボールと呼ばれる石を使います。

ハイドロボールは中に細かい穴が開いていて、そこに水分や空気を保つことが出来るのです。

 

▼私が育てているもの。

f:id:sd_marisuke:20160513120215j:plain

左がパキラ、右が最近仲間入りしたシュガーパインです。

 

メリット

ハイドロカルチャーで植物を育てるメリットを書いていきます。

  

水やりなどの管理がとにかく楽

ハイドロカルチャーは水やりがとっても簡単です。

 

月に何回か容器の水が空になったら入れてあげるだけ。

 

透明な容器を使えば水が入っているかどうか一目でわかるのでさらに簡単ですよ。

 

私は空になって2日くらい経ってから水を容器の8割くらい入れています。

 

本当はもっとやり方細かいんですけどこの適当なやり方でも問題なく育っていますよ。

 

置く場所も、すぐ目に入る場所、すぐ水を用意できる場所がいいです。

 

私はキッチンカウンターのすぐ上に置いています。

 

キッチンだからすぐ水をあげるのもぱっと出来るし部屋に入ってすぐ目に入るので忘れません。

 

▼ここ。

f:id:sd_marisuke:20160430175149j:plain

向こう側がキッチンなのですぐ水を入れられます。

 

私が植物を枯らしてしまう原因の9割以上が「水やりを忘れる」なのでこれだけでぐっと枯らしてしまう確率が下がりました。

 

虫が湧かない

以前は普通に土に植えていたのですが、謎の虫が湧いたりアリが巣を作ったりして大変で・・・。

 

しかもこちらは沖縄なので虫が多いんですよね。

 

ペットもいるので家の中で防虫剤や殺虫剤はなるべく使いたくありません。

 

手作りの防虫剤を作るのも大変。

 

前に調べて唐辛子をウイスキーに漬けて作る手作り防虫剤を作ったんですが、風向きが急に変わり顔にかかって死にかけました。(こうかはばつぐんだ!)

 

ハイドロカルチャーなら土を一切使わないので虫が湧いたりしません。

 

植物なので虫が全くこないという訳にはいかないかもしれませんが、とりあえず私は7年くらい育てている中で虫が来て困ったことは一度もありません。

 

好きな器が使える

f:id:sd_marisuke:20170707124833j:plain

ハイドロカルチャーは底に穴が開いていない容器を使います。

 

なのでおしゃれなジャムの空き瓶やガラスの容器、陶器、食器など様々なものが使えるんです。

 

自分の好きなものが使えるのは嬉しいですね。

 

私も使わなくなったガラスのコップとか使っています。

 

ハイドロカルチャー用のコーンも白や黄色、青などカラフルなのがたくさんあります。

お部屋に合うよう自分の好きなテイストでデザイン出来るのがいいですね。

 

初期費用が安い

私が最初にパキラを植えたときに買ったのはガラスのコップ(100均)、根腐れ防止剤のゼオライト(100均)、ハイドボール(400円)、パキラ(198円)以上。

 

合計800円

 

しかもハイドロボールは洗って何度も使えるんですよ。

 

栄養剤も600円代くらいで1年以上使えています。

栄養剤は水耕栽培用のを使ってくださいね。

 

植え替え時期がすぐわかる

植物の成長とともに根も大きくなって今の容器じゃ窮屈になるので植え替えなければなりません。

 

この植え替えの時期が初心者にはわかりにくいのですが、透明な容器ならすぐわかって安心です。

 

植え替えも土と違って汚れたりしないので簡単に出来ますよ。

 

あまり大きくならない

土と育てるときと違って成長がゆっくり、あんまり急に大きく成長されても困るので助かります。

 

それでもうちで一番長いこの7年目のパキラ、栄養剤を気が向いたら入れる程度(年に1、2度)で葉も増えてちゃんと大きくなってきています。

f:id:sd_marisuke:20160513120159j:plain

大きさ比較でコミック本。きのこいぬ大好き。

 

どのくらいの大きさのものまでハイドロ栽培出来るのかがまだわからないですけど、このパキラが巨大化してきたらまたブログに書きたいと思います。

 

*追記

その後シュガーパインは数か月で枯れてしまいました。たくさんの日光が必要な植物なのでハイドロカルチャーには向いていなかったようです。シュガーパインちゃんごめん・・・。

 

向いているのは日光があまり必要のない植物や生命力、繁殖力が強い植物。

 

ちょっと調べてみたらアイビー、ヘデラ、ポトス、テーブルヤシ、アスパラガス、コーヒーの木、クワズイモワイヤープランツあたりがハイドロカルチャーに向いているようです。

 

パキラは強いから育てやすいけど上記の植物たちよりは難しめ。

 

おわりに

私は世話が楽だと言われているサボテンや多肉植物さえ育てられませんでした。

 

それがもう7年以上も枯らさずに育てられています。感激!やっぱり部屋に植物があると癒されますね(^^)

 

あと2、3個だけ増やしたいです。

ミントとかバジルはどうかな。

 

ミント、バジルなら生命力が強いのでハイドロカルチャーでも育てられそうだし、お菓子の飾り付けやドリンクなどいろいろ使えそうです。

 

調べて挑戦してみようと思います(^^)

当ブログ「眠りにつくころ」は広告宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得出来るGoogle Adsence、Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイトを利用しています。